2017/09 ドイツ旅行:6日目 帰国・まとめ

中央駅から空港まではルフトハンザ航空エアポートバスを利用します。チケットは日本で購入していきました。値段は手ごろだし、何よりも楽チンでした。

 

f:id:misasa104:20180120144507j:plain

ミュンヘン空港、ターミナル1のD14ゲート。ヘルシンキ行きということで、国内線のようにこじんまりとしていました。ここで最後のドイツビールを味わいます。

 

 

あまり準備もできなく、娘は体調がいまいちでどうなることかと思いましたが、無事に帰ってきました。ビールも食事も美味しかったですし、ヨーロッパを感じさせる歴史的な建造物には感動しました。

 

気温ですが、9月の初旬でも思った以上に寒かったです。特にノイシュヴァンシュタイン城見学ツアーは本当に寒く、ツアー参加者の中にはダウンを着ている方もいました。

 

ドイツのおみやげは、ミュンヘンで泊まったホテルの横にあったスーパーマーケットと空港内で買ったチョコくらい。娘はヘルシンキ空港で、マリメッコのトートバッグとポーチを買っていました。

 

f:id:misasa104:20180120154126j:plain

フランクフルトで買った「NIVEA Q10 Plus シリーズ」のクリームは自分用です。日本のニベアよりも香りが華やかで気に入っています。もっと買ってくれば良かったです。

 


2018/09 ドイツ旅行1日目:フランクフルトへ2日目:フランクフルト3日目:ローテンブルク4日目:ミュンヘン5日目:ノイシュヴァンシュタイン城 ⇒ 6日目:帰国

2017/09 ドイツ旅行:5日目 ノイシュヴァンシュタイン城見学ツアー

日本で予約していたツ「ノイシュバンシュタイン城世界遺産ヴィース教会日帰り観光ツアー」に参加するため、ミュンヘン中央駅に行きます。

 

f:id:misasa104:20180120144003j:plain

朝食は駅構内のベーカリーでクロワッサンとコーヒーで済ませます。パンがサクサクで美味しかったです。

集合時間になり、参加者たちといっしょにバスに乗り込みます。

 

f:id:misasa104:20180120144023j:plain

まず、向ったのはヴィース教会です。牧場の中に建つ質素な教会ですが、ロココ様式の内部の装飾はヨーロッパ随一と言われており、特にその天井画は「天から降ってきた宝石」とも讃えられているんだとか。

 

f:id:misasa104:20180120144255j:plain

今回のツアーの目玉、ノイシュバンシュタイン城。「狂王」の異名を持つバイエルンルートヴィヒ2世によって19世紀に建築された有名な城です。

城までは馬車かバス、または徒歩で登って行くことができます。私たちは迷わずバスをチョイス。写真はバスから降りてすぐのマリエン橋から撮ったものです。

 

f:id:misasa104:20180120144329j:plain

こちらは麓にあるホーエンシュヴァンガウ城。ルートヴィヒ2世が幼年期を過ごした城です。

 

f:id:misasa104:20180120144342j:plain

帰りに寄ったフュッセンの街です。雨が降ってきたので、私たちはカフェでお茶することにしました。 


2018/09 ドイツ旅行1日目:フランクフルト2日目3日目:ローテンブルク4日目:ミュンヘン ⇒ 5日目:ノイシュヴァンシュタイン城6日目:帰国

2017/09 ドイツ旅行:4日目 ローテンブルクからミュンヘンへ

朝早くローテンブルクを発ち、ミュンヘン中央駅へ向います。

 

f:id:misasa104:20180120143039j:plain

この日はまだ9月初旬、みな冬の格好をしています。確かに寒いです。ホテルに荷物を預かってもらい、出かけます。

 

f:id:misasa104:20180120143219j:plain

まずは、中央駅からほど近いミュンヒナー シュトゥーベンへ。明るく広い店内です。私はフィッシュフライとビールを注文。量がちょうど良い感じです。

 

f:id:misasa104:20180120143110j:plain

ミュンヘン中央駅からUバーンでオデオンス広場駅まで行きます。駅から出ると写真のフェルトヘルンハレという建造物があります。

 

f:id:misasa104:20180120143649j:plain

レジデンツの入り口がわからず迷いました。最後は通行人にきいて、教えてもらいました。中はとても広くて、見るのに結構時間がかかります。でも一回は見ておくべきかと思います。

 

f:id:misasa104:20180120143236j:plain

少し街をぶらぶらします。

 

f:id:misasa104:20180120143305j:plain

マリエン広場にはたくさんの人で賑わっていました。後ろに見えるのは新市庁舎です。趣がありますね。塔にも登れるらしいです。 


2018/09 ドイツ旅行1日目:フランクフルトへ2日目:フランクフルト3日目:ローテンブルク ⇒ 4日目:ミュンヘン5日目:ノイシュヴァンシュタイン城6日目:帰国

2017/09 ドイツ旅行:3日目 フランクフルトからローテンブルクへ

旅行会社から送られてきた鉄道チケットを持って、フランクフルト中央駅の窓口に行きます。受付でバリデーションをしたいと言うと、番号札を渡されます。郵便局と同じシステムです。自分の順番がきたら窓口でチケットとパスポートを見せて、チケットに必要項目を書いてもらいます。そのあと、自分でサインを書き込めばOKです。

ローテンブルクまでは、日本の新幹線のような特急列車(ICE)に乗って行きます。座席指定なしのチケットなので、座席の窓上のディスプレイに予約情報が表示されていないかチェックして、席に座ります。鉄道移動するときに、スーツケースが邪魔にならないか心配していたんですが、前座席との間の足元に置くことができました。

乗り継ぎ2回を経て、ようやくローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)の駅に到着、駅前のホテルに荷物を預けます。

 

f:id:misasa104:20180120142424j:plain

まずはポテト料理専門店のカルトッフェルシュトゥーベでランチをいただきます。この写真はスタンダードなポテトグラタン。ボリューミーで美味しかったです。

 

f:id:misasa104:20180120142334j:plain

ローテンブルクは城壁に囲まれているので、まずはレーダー門から入ります。写真は門にある塔から撮ったものです。塔は無料ではなくて最上階でお金(たぶん1ユーロだったと思う)を払う必要があります。

 

f:id:misasa104:20180120142909j:plain

マルクト広場。近くで、ローテンブルク名物菓子のシュネーバルを買って、この階段に座って食べました。ちなみに左のほうに見える白い建物の中を通り抜けると、無料のトイレがあります。

 

f:id:misasa104:20180120142838j:plain

こちらが有名なプレーンラインです。みんな写真を撮っているでしょう?

 

f:id:misasa104:20180120142959j:plain

夕飯はこちらのイタリアン Italia Restaurant - Eiscafe で取ることに。昼間はテラス席はいっぱいでした。

f:id:misasa104:20180120142939j:plain

ピザとパスタを二人でシェア、私はワインを飲みました。 


2018/09 ドイツ旅行1日目:フランクフルトへ ⇒ 2日目:フランクフルト ⇒ 3日目:ローテンブルク ⇒ 4日目:ミュンヘン5日目:ノイシュヴァンシュタイン城6日目:帰国

2017/09 ドイツ旅行:2日目 フランクフルトを散策

この日はハイデルベルグに行くつもりだったんですが、娘が風邪で本調子ではないため、近場を散歩することにしました。ホテルから旧市庁舎があるレーマー広場まで歩きます。

 

f:id:misasa104:20180120141201j:plain

途中、高層ビルが立ち並ぶ金融街を通ったときに、ヨーロッパ中央銀行前の大きなユーロマークのオブジェを見つけ、写真をパチリ。
その付近は、通勤時間ということもあり、金融街で働くビジネスマンたちが足早に行き交っていました。誰もが、まるでファッション雑誌が飛び出したようなスタイルで、まぁカッコいいことといったら。

 

途中、スーパーに寄って、娘は鼻水をふくティッシュペーパーを、私は本場のNIVEAをいくつか買いました。

f:id:misasa104:20180120141224j:plain

迷うことなくレーマー広場に到着。先ほどの金融街から一変、写真のような可愛らしい建物が並びます。下の真中あたりに写っているのは、スタチューと呼ばれる銅像芸の方。

 

f:id:misasa104:20180120141820j:plain

レーマー広場に面したレストラン Schwarzer Stern で早めのランチ。ドイツの最初の食事ということで、ビールとソーセージ、それにサラダを注文しました。接客のおじいさんは優しく感じの良い方で、入りやすいお店だと思います。

 

 

f:id:misasa104:20180120141935j:plain

付近の教会などを訪れた後、モダンアート美術館に入りました。三角形のショートケーキのような建物になっています。作品の写真を撮りたい場合は、入場口で申告し、服の上からシールを貼ってもらいます。

モダンアートに詳しいわけではないですが、かなり楽しめました。写真はミリアム・カーンの作品。日本でも彼女の展示会か開催されています。

 

f:id:misasa104:20180120141243j:plain

中央駅から徒歩で行けるBaseler Eckというお店で夕食を取ります。日本語メニューもあります。

f:id:misasa104:20180120142120j:plain

店内の様子。まだ早いので、私たち以外は一組だけ。少ししてから混んできました。 


2018/09 ドイツ旅行1日目:フランクフルトへ ⇒ 2日目:フランクフルト ⇒ 3日目:ローテンブルク4日目:ミュンヘン5日目:ノイシュヴァンシュタイン城6日目:帰国

 

2017/09 ドイツ旅行:1日目 ヘルシンキ経由でフランクフルトへ

成田空港で、ポケットWi-Fiルーターを借りた後に両替を済ませ、出国へ。

フィンエアーは聞いていた通り、毛布やナプキンがマリメッコ柄で可愛くてテンション上がります。機内では、ひたすら映画を見て過ごしました。

 

いよいよヘルシンキ到着。写真がブレブレですが、この通路をまっすぐ行って、右側に乗り継ぎ用の荷物検査があります。 

f:id:misasa104:20180120141046j:plain

保安検査場から、パスポートコントロールに進みます。そこには多くのアジア人たちがいましたが、日本人は向って右側にある自動ゲートを使うように誘導されます。私たちは、ほとんど(というか全く)並ぶことなく入国することができました。

 

さて、あっという間にフランクフルトに到着です。空港からはSバーンで移動します。切符を買うのに少々もたもたし、どのホームに行くのか迷っていると、近くにいた親切な紳士が教えてくれました。

 

ドイツは改札がない代わりに、電車に乗る前に切符に打刻すると聞いていたのですが、フランクフルトは必要ありませんでした。

f:id:misasa104:20180120141113j:plain

フランフルト中央駅に到着。近代的でキレイという印象です。お腹が減っていたので、駅のカフェで夕食を済ませ、徒歩でホテルに移動しました。


2018/09 ドイツ旅行 ⇒ 1日目:フランクフルトへ ⇒ 2日目:フランクフルト3日目:ローテンブルク4日目:ミュンヘン5日目:ノイシュヴァンシュタイン城6日目:帰国

2017/09 ドイツ旅行

2017年9月に大学生の娘とドイツ旅行に行ってきました。帰国した途端、仕事が忙しくなり旅行記を書いている時間がとれず、アップするのが遅くなりました。

2016年の夏はNYに行ったので、次はヨーロッパにしようと決めていたのですが、どこの国、どこの都市に行くのかなかなか決まりませんでした。そこで、いつか行ってみたいと思っていたウィーンとプラハを予約しました。が、しばらく後になって、娘がドイツがいいということで、急遽ドイツに行くことにしました。 

f:id:misasa104:20180120144542j:plain

ミュンヘンでは毎年9月22日から10月7日まで、世界最大規模のビール祭りオクトーバーフェスト(Oktoberfest)が開催されているので、その期間はミュンヘンへのツアー代金が高くなります。楽しそうですが、娘はビールが飲めない(私は好きですけれど)ので、この期間を避けて、9月の初旬に行けるツアーを探しました。

行き先が二転三転したこともあり、実際にツアーを探し始めたのは7月に入ってから。この時点では直行便で行くツアーは予約で埋まり、あったとしても割高になっていたため、ヘルシンキ経由で行くことにしました。

ドイツというと行きたい都市がたくさんあり、これまた迷って、結局フランクフルト2泊⇒ローテンブルク1泊⇒ミュンヘン2泊の旅程にすることにしました。そして、やっと予約が確保できたのは7月の後半でした。

それから、ドイツのガイドブックと簡単なドイツ語(大学で少しだけ勉強しましたが、すっかり忘れているので)の本を買いました。また、ドイツ鉄道を利用するにあたって、アプリ「DB Navigator」をインストールしました。そしてノイシュバンシュタイン城へ行くオプショナルツアーも日本で申し込みました。 


2018/09 ドイツ旅行 ⇒ 1日目:フランクフルトへ2日目:フランクフルト3日目:ローテンブルク4日目:ミュンヘン5日目:ノイシュヴァンシュタイン城6日目:帰国