読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/03 NY:まとめ

3月といえども、NYはまだまだ寒いです。天気予報で気温をチェックし、防寒対策をしっかりして行ったものの、まさか雪が降るとは思いもよりませんでした。そのおかげで1日多く滞在することができたんですけれどね。

今回のように飛行機が欠航するという事態が起きたときに、Wifiがあって本当に良かったと思いました。Wifiは夜に充電すれば一日つけっぱなしでも持ちます。むしろスマホの方が、Naviやら写真やら使っていると途中で電池切れになりました。3人いるからなんとかなりましたが、スマホの充電器も必要かしらと思いました。

また、はじめに書きましたが、湯沸かしポットを持っていって正解でした。それから、ユニクロのフード付きライトダウン。雪が降った日には、コートの下にこれを着て、フードを被っていました。傘をさしている人は見かけませんでした。着ないときは、付属の袋に入れておけば嵩張らないし万能ですね。

買い物は、買おうかどうか迷った挙句、結局買わなかったものは、帰ってきてから悔いが残りましたー!DSWで見つけた Tod'sのローファー、200ドルしませんでした。色がピンクだったので、躊躇してしまったんですよね。けれど、年齢を重ねた今こそピンクも良かったな、と。

それと、Macy'sのKate Spadeで見つけた、柔らかい皮でできたショルダーバッグを娘に買おうか迷ったんですが、色がちょっと渋めのグレーだったため止めました。帰ってきてから、それを娘に言うと、「買ってきてよー」と。はい、今後は迷ったら、買うことにしましょう。

チャイナタウンで食べたヌードル以外は、どの食事も美味しくて満足のいくものでした。でも、チャイナタウンで食べたレッドベルベットケーキは良かったですよ!これはアメリカでポピュラーなケーキなんだそうです。上にのっているのはクリームチーズフロスティングで、甘さがちょうどいい感じでたくさん食べれます。とか言って、実は1個は食べきれないと思い、半分に切ってもらったんですけれどね。

f:id:misasa104:20170324215905j:plain

なんと、NYCから帰ってきたら、2kgも体重が減っていました。これはランチをとらなかったり、3人でシェアして食べたりしていたからでしょうか。いつもは運動しないのに、NYCではたくさん歩きましたし。

 

NYCはきっと何度行っても、飽きない場所だと思います。次に行くときは、CityPassで行くような観光名所はとりあえずなしにして、もっと歩きたいかも。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2017/03 NY:5日目

3人一緒の部屋だったこともあり、私たちは早々と目を覚ました。お湯を沸かし、非常用にと昨日買っておいた日清のカップラーメンを食べました。早朝からラーメンは食べられないと思いましたが、実際には全部食べられました。身体が温まりました。

ニュースを見ていると、NJトランジットは動いているけれど「President's Day Schedule」となっていました。心配になった私たちは、とりあえず早く行ってみようということで、6時半にはチェックアウトしてホテルを出ました。ちなみに、昨日あった「express check out」ボックスはなくなっていました。混雑時だけなのかもね、と思います。

f:id:misasa104:20170323093526j:plain


ホテルの真ん前にペンステーションへ降りる階段があるのですが、そこではなくて、ホテルから見てその入り口の左のほうにNJトランジット専用の入り口があります。そこから入ると、すぐに自販機があるので、そこで切符を買います。まだ、早朝にもかかわらず、スーツケースを持ち電車を待っている人が結構いました。なので、彼らについて、そのまま電車に乗り込みました。

EWRに到着すると、自動チェックイン機があちこちに置いてあります。その横には、荷物の重さをチェックし、重量オーバーの場合には精算するマシンもあります。順番としては、①荷物の重さチェック、②自動チェックイン(日本語設定あり)、このとき受託手荷物のタグが印刷されて出てくるので、それをスーツケースにつけて③荷物の預け入れです。

私たちがマシンのそばにいるとき、ユナイテッドの職員がいて、座席を変更してくれました。そのときはわかりませんでしたが、アサインしてくれた席はエコノミープラスの席でした。行きのエコノミーの席がこのうえなく窮屈だったので、プラスは夢のようでした。こんなにも違うのかと実感、追加代金を出しても次はこれにしたい(実際はどうなるかわかりませんが)です。

f:id:misasa104:20170323094244j:plain

ニューアーク・リバティー国際空港(ターミナルC)は、かなり綺麗でした。最近改修でもしたのでしょうか。おしゃれなカフェやレストランには、各席にタブレットもおいてありました。

帰りの飛行機は、座席の前についている画面が最初こそ、表示されていましたが、その後、ブート画面のようになり、黒いコンソール画面にコマンドのようなものがスクロールされていました。そして最後まで正常に表示されることはありませんでした。そのせいなのかどうかわかりませんが、機内は怖いくらい静寂に包まれていました。私はとにかくただひたすらに寝ることにしましたー。

飛行機は定刻よりも早く成田に到着し、私たちの短い旅行もこれで終了です。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2017/03 NY:4日目

朝、起きてみると、予報通り雪が降っていました。Aさんの部屋に集まり、前日に買ったパンを食べながら、作戦会議。雪がひどくならないうちに買い出しに行こうということで、厚着をして外に。ほとんどの店が閉まっているようでしたが、私たちの食堂「カフェR」はオープンしていました。また、その隣には、99セントストアJack'sというダイソーみたいな店があって、そこで水などを買いました。

一旦はチェックアウトしないといけないということで、荷物をまとめて11時にロビーに行くと長蛇の列ができていました。その横には「express check out」書かれた箱があり、キーをその箱に入れている人がいたので、近くにいたホテルの人に確認したらOKというので、私たちもルームキーを箱に落とし並ぶのを止めました。

荷物は1スーツケースにつき5ドル(マリオットは無料で預かってくれたけどね、と心の声が漏れそうになりましたが)払い、引き換え券をもらい、下の階LLで保管してもらうことに。

ペンパルCさんも雪で休みになっていたので、彼と(雪にも関わらず)街にくり出しました。まずは徒歩で、6th Aveを上がり、紀伊国屋書店(閉まっていました)の横にあるWhole Foods Marketに入りました。雪のせいか、人はまばらでした。開放感のある大きなマーケットで、なんでもあるという印象。品揃えが素晴らしく、焼きたてのパンがおいしそうでした。(下の写真は野菜売り場、美しいでしょう?)

f:id:misasa104:20170323185608j:plain

そのあとは、ニューヨーク公共図書館(ここも閉まっていました)の前を渡り、日系スーパーサンライズマートにも行きました。ここはCさんに教えてもらいました。所狭しと、日本の食品が並んでいました。1階では調理もしていて、私が行ったときはカレーのいい匂いが充満していました。急こう配の階段があり、1階で買ったお弁当などを2階で食べれるようでした。

f:id:misasa104:20170323190326j:plain
階段に雪が積もって白くなっているのがわかりますか?

 

5th Aveを歩いてから、地下鉄に乗りました。さすがに地下鉄もすいていました。ソーホーへ行ってみます。私は初めてです。 

f:id:misasa104:20170324210304j:plain

個性的な店が多いのでしょうけれど、残念ながら、ほとんどの店が閉まっています。ひたすら歩き、リトルイタリー、チャイナタウンまで行きます。チャイナタウンで行きたい店があったのですがクローズだったので、開いている店で怪しげなヌードルを食べました。

ここは店のドアなどにABCのいずれかのシールが貼ってありました。これは市衛生局が評価した「衛生度」ランクなんだそうです。AはOK、Cの店は入らないほうがいいよ、と教えてもらいました。この制度、すごくないですか?

もう少し、歩いてニューヨーク郡裁判所にも行きました。様々な映画で使われていますし、私の好きな『Law & Order』でも、たびたび登場しています。素晴らしい建造物で圧倒されます。

15時を過ぎたので、ホテルに戻りチェックイン。スーツケースを受け取り、1つの部屋へ3人で移動。Cさんとはここで別れました。すっかりお世話になりました。

部屋でビールを飲みながら、どうするか相談。だいぶ雪も小降りになったので、オープンしていたMacy'sへ。そのまま歩いて、エンパイヤステートビル近くのHeartland Breweryで、ステーキとビールで夕食をとりました。


ブーツは革だったので、水が中にまで染みわたり、足はグショグショになりましたけれど、雪のNYCを満喫できて、思いがけずプレゼントされたような楽しい1日でした。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2017/03 NY:3日目

この日の朝食は、昨日のカフェRの通りのもう1つ先にあるFriedman。この隣にはいつも人がたくさん入っている人気のパン屋があり、店の中はつながっていたので、このパン屋で焼いたものがメニューに出てきているのではないでしょうか。実際私たちが食べたパンはとても美味しかったです。出勤前のサラリーマンがここで朝食をとっているようでした。

f:id:misasa104:20170324202232j:plain
一番左奥が見えづらいんですけれどエッグベネディクト風のNova Benny、右がAvocado Toast、手前がThe Breakfast Sandwich、ホント、美味しかったです。そして、サラベスほど高くありません。

午前中はC3チケットでサークルラインに乗船する予定だったので、途中まで地下鉄で行き、それから西側にある乗り場 Pier 83まで歩きます。この日も天気が良くて、寒いけれど気持ちの良い朝でした。

私たちは、最も乗船時間の短いリバティクルーズを選択(あまり長時間乗っていても飽きるかなと)、それが10時半出港でした。City Passで乗れるのは、時間の短いものですが、それ以外でも追加料金を払えば、どれにでも乗れそうでした。夏には混雑するらしいですが、寒い季節だったこともありそれほどでもありません。自由の女神も良く見えました。

f:id:misasa104:20170324201948j:plain

船を降りたあとは、来た道を徒歩で戻り、地下鉄に乗ってロックフェラーセンターに向います。これで、C3チケットを全て使います。展望台に上り、そろそろ降りようかというところで、ユナイテッドからきたメールに気付きました。「あなたのフライトはシビアな気象条件でキャンセルされました」ですって!

この日は、先に書いた通り、とても良く晴れた日だったので、にわかに信じられない気持ちでした。が、放っておくわけにもいかないので、メール本文にあるリンクをクリックすると、日付の選択肢(13,14,15)がありました。13というのは当日、14は翌日、つまり欠航日、ということで、15日を選択、近くの空港にチェックを入れると、同一の便(UA79)があったので、それをクリック、、すると初期画面(つまり日付を選択する画面)に戻ってしまいます。

私は自分でもシステムを作成しているので、本来ならばここでコミットされたというメッセージを期待するところです。またはメールが届いてもよさそうなものです。もっと言うなら、14日は全便欠航なら日付の選択肢から外すべきでは?

とか、まぁ、いいんですが、このときには予約が失敗したと思い込んでいたので少々焦りました。排他制御でブロックされたのかと思ったり。もう一度トライしてみると、便の選択肢からは直行便(UA79)はなくなっていて、デンバー経由のみが表示されていました。あらら。

この状態での便変更は早い者勝ちという気がするでしょう?飛行機とホテルをどうするか、一旦ホテルの帰ってから考えようということになりました。JTBから渡された現地で困ったときの連絡先に電話をしてみましたが、欠航については自分でやってね、または日本のJTBに連絡してみてねというスタンス。連絡はしませんでしたが、JTBのQAにも天候不良等による欠航時は、自分でやってというようなことが書いてありました。

折しも、そうこうしているうち、私は現地のペンパルCさんと待ち合わせをしている時間になりました。ロビーに行くと、すぐに会えました。実際には会うのは、このときが初めてです。Cさんは学校の先生で、この時点ですでに明日の休校が決まっていました。彼に事情を話し(彼は日本語ができます)、皆が集まっている部屋(私の部屋)まで来てもらいました。

彼とユナイテッドのリンクページを見ていると、自分たちの予定を「View」できるボタンを見つけ(最初からあった?)、見てみると15日の直行便が予約されていました。ロックフェラーでしたクリックはちゃんと生きていたんですね。念のため、彼がユナイテッドに電話してくれましたが、電話を回された挙句、つながることはありませんでした。

ライン電話で早朝に起こした夫からも、「ちゃんと予約が入っているみたい、大丈夫そう」と連絡がきたので、とりあえず飛行機は翌日に振替できたと判断。「デンバー経由でいったら、古い型の飛行機に乗れたかも」などと嬉しそうに話す飛行機おたくの夫。笑えない=3

さて、ホテルの延泊ですが、チェックインカウンターでお願いするも(ペンパルの彼にも手伝ってもらいましたよ、ホテルもてんやわんや状態なので、担当者はものすごい早口でまくしたてます)、ここで申し込むと1部屋400ドル以上(もちろん、代金は急上昇中)、ネットで予約したほうが安く済むけど、どうする?というので、Hotels.comから、ツインの1部屋を申し込みました。なんと1泊300ドル超えです。

それでも、その日のうちにSOLD OUTになったらしいので、とれただけれでもラッキーと思わなくては。夫はもし延泊できなかったら、日本から別のホテルを予約するよと言ってくれていたんですけれど、もしそうなっていたら、吹雪の中、荷物を持っての移動は大変だったことでしょう。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2017/03 NY:2日目

私たちは7時半にロビーで集合し、ホテルのすぐ近くにある「カフェR」という店で朝食をとりました。この店は24時間営業なので、いつでも行くことができます。

f:id:misasa104:20170321214539j:plain

ホテルは正面口から入ると、すぐそこがロビーになっていて、人でごった返しています。右手にチェックインカウンターがあり、そこを通り抜けると左右に裏の出口があります。その右側の方の出口で出た通り沿いにあります。

バイキング形式で量り売りになっています。早朝だったこともあり、とても空いていました。昼間だと、うどんもあります。コーヒーは、カップをもらって、自分で注ぎます。

朝食を済ませて、そのままミッドタウンへ。この日は日曜日だったので、タイムズスクエア教会の礼拝に参加します。席を案内してくれるおじさんがいて、観光客または途中退出する人は後ろのほうの席をアサインしてくれます。聖歌隊(といっていいかわかりませんが)大勢の人がステージ上で歌い、圧巻でした。その厳粛な雰囲気にも心洗われます。

f:id:misasa104:20170321212911j:plain

私たちは(隣に座っていた日本人の観光客も偶然同じタイミングで)途中退席しました。その後、地下鉄でアップタウンに行き、Zabar'sからスタートして、スーパーマーケットめぐりへ。

そのあと、14時からの「STOMP」を観るためにオーフィアム劇場(Orpheum Theatre)へ移動します。今回はGoogle Mapの経路案内とNaviをフル活用しました。これは本当に便利。スマホ音痴のわたしでも大丈夫です。

この劇場はブロードウェイではなくて、イーストビレッジにあります。まずは劇場の場所を確認してから、劇場前にあるデリへ。そこで、ポテトフライとビールで一息入れます。

ちょうど良い時間にビールを飲んだこともあり、時差ボケで睡魔と戦いつつの鑑賞となりました。一切の会話がないので、英語が苦手でも楽しめると思います。前の方の席には、子どもたちが多く、それはそれは楽しそうに鑑賞していました。

そのあとは、徒歩で少し西側に移動し、オイスターが美味しいという評判のFishに行きました。この店は予約がとれず、時間によってはすごく並ぶこともあるそうです。私たちは、16時過ぎくらいには到着したせいもあり、すんなり中に入ることができました。が、私たちは食べている間、どんどん人が増えていました。地元の人がほとんどという印象です。

壁に書いてあったメニュー、牡蠣6ピースとワインのセットが10ドルくらいなので、1人1セットを注文。リーズナブルでありながら、味は申し分なかったです。クラムチャウダーもいただきました。2つを3人でシェアしてちょうど良い量でしたが、中に入っていたポテトが大きくて、結構お腹にたまります。ウェイターのお兄さんがイケメンで親切、やっぱり嬉しくなりますよね!

f:id:misasa104:20170324203255j:plain
既にもう半分くらい食べてまーす。ワインは白をチョイス、飲みやすかったです。

 

一旦ホテルに戻り、また出かけます。だってホテルの周りは店だらけなんですから。KマートやDSW(靴のディスカウントショップ)などで買い物、そのあと、夜のタイムズスクェアまで足の延ばしました。 

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2017/03 NY:1日目

今回泊まるペンシルバニアホテルは、古いホテルでユーザー評価も良いとは言えませんが、ペンステーションの真ん前にあり、Macy'sもすぐそこというロケーションは最高でしょう。EWRとペンステーションのコンビネーションは、格安旅行で行くなら、ベストチョイスかもしれません。なぜなら、空港からホテル間の移動に、電車を使えば安い(片道13ドル)し、時間もかかりません。

EWRには定刻通り16:45に到着。私と友人Aさんは、ESTAで米国に入国したことがあるので、本来はAPCキオスクマシンを使えたのかもしれませんが、Bさんは初めてなので、一緒に入国審査官のいる列に並ぶことに。とはいえ、ユナイテッドだからか、EWRだからかわかりませんが、列にはそれほど多くの人はいませんでした。私の前には3人ほどの人がいただけでした。

いくつかのお決まりの質問をされましたが、審査官は威圧的ではなく、むしろ優しくてフレンドリーな印象を持ちました。些細なことですが、入国時にイヤな思いをするのとしないのでは、これからの旅行の印象も変わるというものです。

私たちが入国するまでに1時間もかからなかったと思います。あとは、「Air Train」と書いてある看板に向かって進み、エスカレータの前にあるオレンジ色のNJ TRANSITの切符自販機で、切符を購入します。行き先は「NY Penn Station」、もちろん、カードが使えます。

f:id:misasa104:20170323101138j:plain

空港のターミナルを結ぶエアトレイン(無料モノレール)に乗り、「ニューアーク・リバティー国際空港」へ。浮足立っている私たちは、1つ目の駅で降りようとするも、同車両に乗っていた親切な男性に「次だよ」と教えてもらい、なんとか間違わずに済みました。

あとは、NJトランジットに乗り換えペンステーションへ向かいます。電車では切符のチェックがあるので、すぐに出せるようにしておくといいでしょう。ホテルは駅前なので、19時頃にはチェックインできました。それぞれの部屋は4F、14F、15Fと別れていましたが、近くがいいだろうと4Fから15Fに変更してくれました。

部屋はそれぞれ異なっていました。Aさんは(4Fから15Fに変更になった部屋)、冷蔵庫あり、キングサイズベッド、エレベータからは遠かったですが、1番良い部屋だったと思います。私とBさんはダブルベッドサイズで同じですが、Bさんにはバスタブがありませんでした。同一金額を払っても、どんな部屋になるかはまったくわからないということですね=3

f:id:misasa104:20170323102140j:plain

さて、各自部屋で少し落ち着いてから出かけました。そして地下鉄のカードを購入。たった3日間で7日間フリーパス(32ドル)を買うか迷いましたが、途中でチャージするのも面倒なので、結局購入することに。

この日の夜は、BLUE SMOKEでジャズを聴きながらステーキを食べる予定でした。日本からOpen Tableで予約していました。早速地下鉄に乗り、Google MapのNaviで店まで行きました。21時少し前でしたが、地下の階段からずらっと人が並んでいました。一応、受付に行って予約済みであることを伝えたのですが、次の回がオープンするまで、並んでと言われました。

いよいよ21時を過ぎて入場になり、受付で名前を言うと、キレイなお姉さんが出てきて「あなたが予約したのはここではなくて、1階のレストランよ」と言われてしまいました。なんとか入れてもらえるように訴えてみたものの、土曜の夜、全席SOLD OUTということ。お姉さんに長々と説得されて、結局1階のレストランで食事することにしました。

これは完全な私の予約ミスなんですけれど、もし行かれる方がいましたら、気をつけてくださいねー!もしかしたら、こちらのJAZZ STANDARDで予約しないとダメだったんですかね。パッと見た感じは、観光客はあまり居なかったです。

とはいえ、1階のお店も悪くはなかったですよ。リブステーキに副菜を2つつけるセットを1つ注文しシェアしましたが、一人1つずつ頼んだとしても、そんなに高くならないと思います。

そのあと、エンパイヤステートビルに行って、夜景を楽しみました。期間が短いので、のんびりしていられません(笑)。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2017/03 NY:準備

旅行

友人のうちAさんはご家族と何回かNYCに行っていて、Bさんは初めてです。なので、今回もCity PASS 3チケットをとることに。また英語が苦手でも楽しめる「STOMP」の予約はVELTRAで先に買っておきました。また、Wifiも前回同様、Global Wifiで一人一台手配しました。

1週間くらい前になって、NYCの天気予報を見ると、最高気温が1℃くらいしかなかったので、服は防寒を中心に考えました。最初こそ、レストラン用にノースリーブの黒ワンピースを持っていこうと思っていましたが、それもやめました。着替え用には革のスカートと黒のタートル、一応シルクのブラウスも持ちましたがこれを着ることはありませんでした。厚いタイツやヒートテックはたくさん詰めました。

コートも悩みましたが、ファッション性は考えず、一番防寒できて雨に強そうなものを選びました。これでも寒かったら、ユニクロのライトダウンを中に着込めばいいだろうと思いました。

飛行機の中ではなるべく楽にと、ヒートテックの上に膝上くらいのウールのワンピース、内側がモコモコになっているウエストゴムの黒パンツをはいていきました。ほとんどの日を下着だけ変えて、あとはこのままの服装で過ごしました。また、靴は雨や雪が降っても困らないように、ショートブーツをはいていき、飛行機の中用に100円の携帯スリッパを持っていきました。

昨年9月に泊まったマリオットは、湯沸かし器とコーヒーが置いてありましたが、今回は何もないと知り、急きょ携帯用ポットを買いました。これは優れもので、電圧の異なる国でも使えるし、沸騰するのもあっという間。毎朝、ロビーまで行ってコーヒーを買う必要なく、好きなときに好きなだけ、温かい飲み物がとれます。

今回は薬も持ちました。頭痛薬、胃腸薬、膝痛、下痢ストッパーまで。持つだけでも安心感が違います。それと、NYCに住むペンパルに会う予定だったので、そのお土産もスーツケースに詰めました。もちろん、いろいろな味の詰め合わせキットカットも入れました。

 

これこれ、これが今回役に立ちました!

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ