2018/02 ロンドン旅行:最終日

ヒースロー空港を13時50分に出発する便で帰国します。

朝食はホテル内で取ろうと思ったんですが、ルームサービスの方が安いし楽かも、と頼んでみることに。注文後、30分くらいしてから、持ってきてくれました。

f:id:misasa104:20180325141116j:plain

f:id:misasa104:20180325141138j:plain

作りたて、当然おいしいです。

 

ホテルを10時頃チェックアウトして、地下鉄ピカデリー(Piccadilly)線で、空港に向かいます。乗る前に、次の電車の行き先を確認。同じヒースロー空港行きでも、ターミナル4とターミナル5へ行く電車があるので、要チェックです。乗ってからも、この電車はターミナル5に行くという放送を繰り返していました。

車内はガラガラでした。電車に乗って50分弱くらいで空港に到着します。 

f:id:misasa104:20180325141156j:plain

着いたら、自動手荷物預け機を使って、荷物を預けます。チェックインは前日にスマホからしておきました。行きは出来ませんでしが、帰りは席が指定できました。

最初の機械では、スマホ上で表示したチェックイン・バーコードを読めなかったので、少し焦りましたが、別の機会で再度スキャンすると簡単にできました。 出国審査もなく、ゲートでバーコードをかざすだけです。

f:id:misasa104:20180325141209j:plain

早めに着いたので、空港内の店で、最後の買物をします。ドラッグストアBootsで、No7というコスメを薦められたので、買ってみることに。"2 for 3"となっていました。この化粧品は年齢別に色分けされているんですね。

今、No7の美容液を使っていますが、少しキメが整ってきたような気がします。
#そんな気がしているだけかもしれません。信じる者は救われる? 

f:id:misasa104:20180325141337j:plain

搭乗ゲート情報は、搭乗手続きが開始する少し前に案内されるということで、常に電光掲示板をチェックしていました。先の日記にも書きましたが、ターミナル5はさらにABCと分かれているため、ゲートによっては、ここからシャトルに乗って移動する可能性もあるからです。

私たちの便は、GATE10ということで、シャトルに乗らなくて良いということがわかりました。少しして再度、掲示板を見たら、"GATE CLOSED" になっているではありませんか。”GO TO GATE”の文字はありました?このとき13時です。慌ててゲートに向いました。GATE10だと思っていた場所から、エレベータで階下に下り、そこからバスで飛行機まで移動します。

実際には、搭乗してから出発まで1時間以上待つことになりました。羽の除雪作業があったからです。けれども、無事に出発することができました。

 

もの忘れがひどいのでボケ防止のために始めたブログなんですが、旅行を振り返るのっていいですね。自分が行った場所、通った道を改めて確認して、再発見することもありました。また、次回訪れたときに行ってみたい場所もできました。

ロンドンは観光地がギュッと凝縮されていて、1日通していろいろなところに行けます。寒かったですけれど、夏の繁盛期とは違った風景が見れたと思います。そして食事はまずくなかったです!

今月は普通に仕事をしていますが、心はまだロンドンにあるようです。


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿ピカデリー・サーカスコベント・ガーデンナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン買物とミュージカル⇒最終日

2018/02 ロンドン旅行:5日目 買い物とミュージカル

最終日なので、近場のデパートに行ってみようということで、テートモダンから移動してきました。

f:id:misasa104:20180325094322j:plain

この写真は夜のピカデリー・サーカスの様子。ロンドンはNYと似ているなと思うことがしばしばありますが、ここはNYでいうとタイムズ・スクエアみたいなところです。

 

ジョン・ルイス(John Lewis)

オックスフォード・ストリートにある老舗デパートです。

f:id:misasa104:20180325094340j:plain

f:id:misasa104:20180325095636j:plain

 

リバティ(LIBERTY)

f:id:misasa104:20180325094612j:plain
わかりづらいですが、真中の奥の方に見えるチューダー様式の建物がリバティです。

f:id:misasa104:20180325094627j:plain
吹き抜けの2Fにずらっと洋服がかけられているのがわかりますか?面白い見せ方です。個性的でセンスのある服ばかりでした。値段が高めなので、なかなか手が出ませんが。

そのあとも、オックスフォード・ストリートやリージェンシー・ストリート近辺にある店を見て回りました。

気がつくと夕方になっていました。

f:id:misasa104:20180325094749j:plain

 

ジェイミーズ イタリアン(Jamie's Italian)

f:id:misasa104:20180325094809j:plain

f:id:misasa104:20180325111105j:plain
夕食はここで簡単に済ませます。料理番組でも有名なジェイミー・オリヴァーのお店です。現在はDlifeで放送しているのを見つけました。上の写真はラザニア、私はワインとパスタを注文しました。カジュアルなので入りやすいと思います。

 

クイーンズ・シアター(Queen's Theatre)

日本で『レ・ミゼラブル』のチケットを購入して行きました。

f:id:misasa104:20180325094825j:plain

f:id:misasa104:20180325094836j:plain
映画を観たことがあるので物語は知っていましたが、映画とは違うライブ感が味わえます。


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿ピカデリー・サーカスコベント・ガーデンナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン⇒買物とミュージカル⇒最終日

2018/02 ロンドン旅行:5日目 テート・モダン

5日目、午前中はコベント・ガーデン近くの雑貨屋に寄ってから、テート・モダンに行くことにしました。朝食はテート・モダン内で食べるつもりです。

f:id:misasa104:20180324124957j:plain

 

この日もホテルから徒歩で駅方向に進みます。

f:id:misasa104:20180324125102j:plain
朝のコベント・ガーデン駅。ここで地下鉄には乗らず、北の方に進んでいきます。

 

オーラカイリー(Orla Kiely)

行きたかったのは、駅から5分くらいのところにあるオーラカイリーの店です。

f:id:misasa104:20180324130304j:plain
朝一番に行ったので、まだ客は私たちだけ。もろに好みのお店です。写真を撮っていいかきいてパチリ。床まで、オーラカイリー模様があります。

f:id:misasa104:20180324130254j:plain
Orla Kiely — Iconic Bags, Clothing, Accessories and Home

f:id:misasa104:20180324130505j:plain
娘はポーチ、私は財布を買いました。財布は£70が£30になっていました。特にセールと書いていなかったので、買うときになって気付きました。私が普段使っている長財布は重いので、帰ってからはこちらを使うように替えました。軽いです!

この辺、セブンダイヤルズは、7つの細い道が星のように広がっている、面白いレイアウトになっています。すぐそばに「マチルダ」のケンブリッジ劇場もあって、別の時間に行ったならもっと活気がありそうです。素敵な店も多そう。次回に機会があったら、このあたりをゆっくり見て周りたいです。

 

ピエール エルメ ロンドン

中には入りませんでしが、こんな外観が可愛い店もありました。

f:id:misasa104:20180324135006j:plain
Pierre Hermé Paris – Créateur Macarons, Pâtissier, Chocolatier

 

さて、地下鉄でサザーク駅へ移動します。その駅から歩くとテート・モダンの裏側に着いてしまったので、表に回ってから入場します。

 

テート(テイト)・モダン(Tate Modern)

まず朝食をとろうと、6Fにあるカフェに向かったんですが、そこはクローズされていました。なんでしょうね。それで、別館のレストランがオープンするまで、展示品を見ることに。ちょうど、モディリアーニ展をやっていました。

f:id:misasa104:20180324194944j:plain

f:id:misasa104:20180324194959j:plain
入ろうと思ったら、下でチケットを買って来てと。ここは無料ではありませんでした。

 

昼を過ぎてからレストランへ。

f:id:misasa104:20180324205323j:plain

f:id:misasa104:20180324204728j:plain

f:id:misasa104:20180324204804j:plain
味があまりしなかったニョッキ?チョイスが良くなかったのかも。スタッフの人はフレンドリーでしたよ。

 

食事後にまた、展示を見て回りました。

f:id:misasa104:20180324210010j:plain

f:id:misasa104:20180324210028j:plain
そこかしこにゆったりした椅子がおいてあり、ロンドンに住んでいたらいつでも来たいと思える場所です。

 

次は地下鉄で、昨日も行ったピカデリー・サーカスに行きます。 


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿ピカデリー・サーカスコベント・ガーデンナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン⇒買物とミュージカル最終日

2018/02 ロンドン旅行:4日目 ナショナル・ギャラリー

ホテルで少し休んだ後、その日の朝にバッキンガム宮殿に行く途中にあったナショナル・ギャラリーに行きます。

f:id:misasa104:20180323201704j:plain

 

ナショナル・ギャラリー( National Gallery)

ここも無料で入れます。私は、どちらかというと博物館より美術館のほうが好きです。

f:id:misasa104:20180323203009j:plain
昨年、上野の森美術館で大好評だった「怖い絵」展。行こうか迷って行けなかったんですが、ここでこの絵を見ることができました。
怖い絵展 | オフィシャルページ

 

f:id:misasa104:20180323203405j:plain
糸杉のある麦畑、「ゴッホより~が好き」と歌っていた芸人さんがいましたが、私はゴッホが好きです。

f:id:misasa104:20180323203639j:plain
外に出たら、少し暗くなってきていました。ここから、ビッグ・ベンまで歩くことにします。

 

シャーロックホームズパブ( The Sherlock Holmes Public House & Restaurant)

途中、シャーロック・ホームズのパブを見つけて、入ろうとしたのですが、2階のレストランは満席でした。なので、ぜひ行きたいと思う方は予約をしたほうがいいかも。1階はアルコールとたばこの臭いで断念。

f:id:misasa104:20180323203740j:plain
Greene King Local Pubs | Sherlock Holmes pub in St James's

 

ロンドン・アイ (London Eye)

f:id:misasa104:20180324102414j:plain

 

ビッグ・ベン(Big Ben)

f:id:misasa104:20180324103453j:plain

f:id:misasa104:20180324104833j:plain
思い描いていた時計塔がないと思ったら、現在修復中だったんですね。すっかり忘れていました。

気を取り直して、地下鉄で帰ることにします。ホテル近くのエンバンクメント駅に到着し、適当なレストランを探します。

 

L'Ulivo

まだ空いていそうだったので、駅からすぐのイタリアンレストランに入ることにしました。

f:id:misasa104:20180324110401j:plain
L'ulivo is London's finest family-run atuthentic Italian restaurant.

f:id:misasa104:20180324105617j:plain

f:id:misasa104:20180324105628j:plain

私は食欲がなかったので、ワインとサーモン、娘はパスタを注文しました。サーモンを食べたら、食欲が出てきたので、娘のパスタを少しだけもらいました。なかなかおいしかったです。パスタ皿は底が深く、見た目よりもボリュームがありました。

 


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿ピカデリー・サーカスコベント・ガーデン⇒ナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン買物とミュージカル最終日

2018/02 ロンドン旅行:4日目 コベント・ガーデン

駅を降りて、すぐにマーケットへ。この日は日曜日とあってか、たくさんの人がいます。

f:id:misasa104:20180322203330j:plain

そういえば、旅行前にこの場所の動画を見ました。昨年、駅前広場で、映画『グレイテスト・ショーマン』のフラッシュ・モブをやっていた動画がYouYubeにあります。
The Greatest Showman | Covent Garden Comes Alive | 2017 - YouTube

 

屋内のマーケットです。

f:id:misasa104:20180322205615j:plain
右側のお兄さんのパーカーが「LONDON」なのが、なぜか嬉しい。

f:id:misasa104:20180322205818j:plain
北側に、パフォーマンス・エリアも。

f:id:misasa104:20180322205911j:plain
地下スペースでは、ヴァイオリン演奏をしていました。奏者のお姉さんのCDを買ってアピールがすごくて、応援の意をこめて買いました。

 

マーケットでロンドンのポスターやカードを購入し、荷物を置きに一旦ホテルに戻ります。

よく考えたら、私たちは外出しても一回はホテルに戻っていたんですね。体力不足でしょうかねー。


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿ピカデリー・サーカス⇒コベント・ガーデン⇒ナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン買物とミュージカル最終日

2018/02 ロンドン旅行:4日目 ピカデリー・サーカス

バッキンガムの衛兵交代が終わると、見物客は一斉に動き出します。私たちは、ピカデリー・サーカスに向うことにします。

f:id:misasa104:20180321175029j:plain
ピカデリー・サーカスから見たリージェント・ストリート。緩やかなカーブが絵になります。

 

グリーンパーク(Green Park)

f:id:misasa104:20180321175151j:plain
バッキンガム宮殿からグリーンパークを通って、ピカデリー・ストリートに出ます。

 

ピカデリー・ストリート(Piccadilly Street)

f:id:misasa104:20180321175515j:plain

f:id:misasa104:20180321205402j:plain
通りを歩いているときに見つけたタクシーの列。ポップなタクシーがロンドンっぽいです。

 

キャス キッドソン(Cath Kidston

ピカデリーサーカスのほうに歩いて行く途中にキャス キッドソンの店を見つけて、入ってみることに。

f:id:misasa104:20180321180054j:plain
Cath Kidston Official Online Shop

日本の店には入ったことがありませんでしたが、可愛いものがいっぱいで、お土産を買いたくなりました。

f:id:misasa104:20180321180357j:plain
左はロンドンらしいハンドクリームのセットで、友人へと自分用にいくつか買いました。右はリップクリームのセットです。

 

フォートナム・アンド・メイソン(Fortnum & Mason)

キャス キッドソンの隣には、紅茶で有名なフォートナム・アンド・メイソンがあります。

f:id:misasa104:20180321202117j:plain
王室御用達の店舗として有名ですよね。1階は紅茶やお菓子を売っています。店内のディスプレイすべてがセンス良くて素敵です。

f:id:misasa104:20180321202148j:plain
ブランドカラーがずらりと並んでいます。 

f:id:misasa104:20180321202305j:plain
これは、何か買わなくっちゃ!と店内を物色していると、偶然にも昨日のツアーで一緒だったご家族と会いました。それで、同年代くらいの奥様と少しだけ話しをしました。彼女たちはドイツに住んでいて、そこからロンドンに旅行に来ているのだとか。

f:id:misasa104:20180321202554j:plain
地下にはカフェがあります。

f:id:misasa104:20180321202450j:plain
上のフロアには食器なども売っています。

f:id:misasa104:20180321202342j:plain
お土産用と自分用に紅茶やビスケット、チョコレートを買いました。チョコはパッケージが可愛いかったので。

戻ってきてからは、仕事の合間にこの紅茶を飲んで優雅な気持ちに浸っています。もっと買ってくれば良かったかな。

 

昇龍ラーメン(Shoryu Ramen)

ピカデリー・サーカスの交差点を南のほうに曲がり、少し行ったところでラーメンを食べます。

f:id:misasa104:20180322194348j:plain
Shoryu Ramen | Tonkotsu Ramen Restaurant in London

ビールとラーメンを注文。とんこつが見た目よりもさっぱりしています。ラーメン以外にも、メニューには餃子やたこ焼きなどもありました。

 

ここから、コベント・ガーデンに戻ります。ホテルの近くなのに、その付近を通るときはいつも夜だったため、店に寄れたことがありませんでした。ピカデリー・サーカス駅から地下鉄に乗って移動です。


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿ピカデリー・サーカスコベント・ガーデンナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン買物とミュージカル最終日

2018/02 ロンドン旅行:4日目 バッキンガム宮殿

ロンドンを訪れた旅行者はまず行くであろうバッキンガム宮殿に向かうことにします。衛兵交代セレモニーが有名ですが、冬は毎日やっているわけではないと、どこかで読み、やってなかったら、それはそれでいいか、と思っていました。

今日も徒歩です。ホテルの前の大通りを西に進んでいきますと、トラファルガー広場モニュメントが見えてきます。

f:id:misasa104:20180321154418j:plain

 

Caffè Concerto

まずは朝の腹ごしらえです。ここからすぐそばにあるカフェで朝食をとることに。

f:id:misasa104:20180321154847j:plain
Home - Caffè Concerto
写真の向って左側のカフェに入ることにします。ナショナル・ギャラリーが近いということもあり、観光客が多いように思いました。

f:id:misasa104:20180321154942j:plain
パンケーキの間にスライスしたいちごとバナナが挟んであります。甘過ぎず、量もちょうど良い感じ。

ゆっくり食事をとったあとは、目的地に向うことにします。

 

アドミラルティ・アーチ(Admiralty Arch)

f:id:misasa104:20180321155833j:plain
ザ・マル(バッキンガムに行くためのメイン通り)へ続くアーチ型の建物です。ここをくぐって少し歩くと、向こうから馬に乗った赤マントの人たちが近づいてきます。

f:id:misasa104:20180321160319j:plain
思わず駆け寄って、近くでパチリ。馬が美しいです。

f:id:misasa104:20180321160357j:plain
そのままついて行くことに。知らないうちに小走りに。

f:id:misasa104:20180321160845j:plain
娘を置いて走る私。何やら人が集まっている様子です。

 

ホース・ガーズ (Horse Guards)

f:id:misasa104:20180321161041j:plain
ホース・ガーズの前で交代式をしていました。交代する衛兵が左右に並んでいます。途中まで見ていましたが、目的地であるバッキンガムに行くことにしました。

 

バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)

f:id:misasa104:20180321160723j:plain
中央にヴィクトリア女王記念碑が見えてきました。人はそれほど多くないかも、と思いましたが、実際にはそんなことはありませんでした。

f:id:misasa104:20180321162203j:plain
記念碑の周りは人でいっぱいでした。ここにはもう場所はなさそう。

お気楽に行ったので、実際に衛兵交代の行進を見ようと思っても、どのポジションがいいのかまったく見当がつかず、ただ流れに沿って進んでいきます。

今ネットを見てみると、こんなページもありました。行かれる方は参考にするといいかもしれません。
バッキンガム宮殿の衛兵交代式を完全攻略!|エクスペディア

 

さて、気づけば宮殿の正門近くまできていました。音楽が聞こえてきたら、皆いっせいに写真を撮ります。私も衛兵の姿を写真に納めようと頑張りました。

f:id:misasa104:20180321162139j:plain

f:id:misasa104:20180321162237j:plain

衛兵といえば赤いジャケットのイメージでしたが、冬のこの時期はコートを着ているんですね。そんなことも知りませんでした。

宮殿の警護にあたっている衛兵をオールド・ガード、次に任務を担当する衛兵をニュー・ガードと言うのだそうです。ニュー・ガードが入ってくるときと、オールド・ガードが出て行くときの二度見ることができます。

f:id:misasa104:20180321162654j:plain

寒かったんですが、天気には恵まれました。最初はあまり思い入れがなかったのですが、実際に見るとテンションが上がり、娘と盛り上がりました。次回は赤いジャケット姿の交代式を見たいです。

 


2018/02 ロンドン旅行 ⇒1日目:BAでヒースロー空港へ ⇒2日目:スカイガーデンロンドン塔・タワーブリッジバラマーケット大英博物館⇒3日目:ハリーポッタースタジオオックスフォード⇒4日目:バッキンガム宮殿⇒ピカデリー・サーカスコベント・ガーデンナショナル・ギャラリー⇒5日目:テートモダン買物とミュージカル最終日