misasa104の海外旅行記

子育てに一段落し、娘や友人と行った海外旅行の備忘録です。NY、ロンドン、ドイツや北欧の旅行記を掲載中。

2019/03/31 バルセロナ②

この日は日曜日です。ヨーロッパのほかの国と同様、ここバルセロナでも閉店している店が多いです。今日は11時から入場できるサグラダファミリアを予約しています。

8 am ホテルの朝食は種類が多く充実していました。焼きリンゴが美味しかったです。

f:id:misasa104:20190414180531j:plain

9:30 am 少ししてから出かけます。ホテル前のフェラン通りの朝の様子です。早朝は雨が降っていたようですが、今は止んで曇っています。

f:id:misasa104:20190414180948j:plain

9:40 am 横道にそれて朝のレイアール広場に寄ってみます。

f:id:misasa104:20190414191559j:plain

日曜日の朝はアンティーク・マーケットが開催されているようです。

f:id:misasa104:20190414191833j:plain

上の階はアパートでしょうか。

 

9:50 am 地下鉄3号線でリセウ駅(Liceu)からディアゴナル駅(Diagonal)へ、5号線に乗り換えサグラダファミリア(Sagrada Famíliaまで行きます。券売機でTMBの10回券を買い、一人が自動改札機に券を挿入し、次の人がそれを取って、次々にホームに入ります。

f:id:misasa104:20190414193809j:plain
順調と思ったら、何と反対方向へ向かうホームではありませんか。隣のホームへ移動することはできず、結局一度改札を出て、隣のホームへ入り直しました。えぇ、4枚のチケットは無駄に・・・ドンマイ。

 

10:10 am サグラダファミリア駅の地下から地上に出て、上を見上げるとこんな風景が。圧倒的な存在感に、4人共々感動!

f:id:misasa104:20190414200132j:plain

まだ時間があるので、ガウディ広場(Plaza De Gaudi)のほうに移動し、池越しに鑑賞してみます。見ればみるほど大きい。

10:30 am そろそろ中に入ろうと入り口に行くと、係員に「あと5分してから来て」と。時間には正確なようです。

f:id:misasa104:20190414201112j:plain

しっかり5分待ってから、中に入れてもらいます。セキュリティチェックのあと、一人がオーディオガイドのカウンターに行き、4人分のオーディオガイドを受け取ります。 

いよいよ中に入ってみると、わぁ、思わず感嘆の声が漏れます。天井のデザインは、シュロの葉をイメージしているそうです。

f:id:misasa104:20190414201455j:plain

こんな天井を見たことありません。

f:id:misasa104:20190414201507j:plain

天井の高さがわかるでしょうか。窓に装飾されている大きなステンドグラスも素晴らしいです。

しばらくオーディオガイドを聞いていましたが、「生誕のファサードの塔」に登る予約時間がきたので、エレベータの前に移動します。行きはエレベータで、帰りは螺旋階段を下りてきます。

f:id:misasa104:20190418065545j:plain

塔の上からはバルセロナの街を一望することができます。この頃にはすっかり天気が良くなってきました。

f:id:misasa104:20190414204938j:plain

 

地下は博物館のようになっていて、デッサンやポスター、模型などが展示されています。ショップもあります。

f:id:misasa104:20190414210139j:plain

私はここで、ガウディの絵本や小物などを買いました。

0:30 pm 近くのレストランロス・ベジョータ(Restaurante Los Bellota)でランチすることにします。 日曜日もやっています。

f:id:misasa104:20190414204832j:plain
Los Bellota

写真付きの日本語メニューがあります。スタッフも感じが良かったです。

 

2 pm サグラダファミリア駅からディアゴナル駅まで戻ります。ディアゴナル駅でピアノを演奏している人がいました。Ludovico Einaudiの曲に思わず足を止めました。

f:id:misasa104:20190415072824j:plain

駅から出たところです。日曜日だから人は少なめでしょうか。

f:id:misasa104:20190415204252j:plain

ここからすぐのカサ・ミラ(Casa Milà)に向かいます。ガウディが設計したアパートで、今も人が住んでいるそうです。

f:id:misasa104:20190415204436j:plain
Web oficial Casa Milà | La Pedrera, Gaudí Barcelona

2:10 pm グラシア通りを南の方へ進んでいきます。

f:id:misasa104:20190416070403j:plain

カサ・バトリョ(Casa Batlló)は修復工事中でした。「GAUDI」の文字がなかったら、見逃すところでした。

f:id:misasa104:20190416065443j:plain
Explora la restauración de Casa Batlló | Casa Batlló

3:20 pm このあと、ぶらぶら歩きながら、朝に乗ったリセウ駅を通り過ぎ、グエル邸まで来ました。

f:id:misasa104:20190416195222j:plain
Palau Güell

今、思うとカサ・ミラかグエル邸の内部見学をしてみたかったようにも思います。またいつかチャンスが来るでしょうか。

さて、一旦ホテルに戻って、一休みします。

 

5 pm 昨日行ったカテドラルへまた行ってみます。昨晩は閉まっていたので、中に入るのが目的だったんですが、この日は行事があったのか、入れませんでした。まぁ、そんなこともあります。

f:id:misasa104:20190416201200j:plain

日曜のカテドラル前の広場です。みんな寛いでいるようにみえます。

 

この写真はバルセロナ市歴史博物館の建物だと思うのですが。

f:id:misasa104:20190416202012j:plain
Museu d'Història de Barcelona

 

次は サンタ・マリア・ダル・マル教会に行ってみます。 

f:id:misasa104:20190416202634j:plain

ベゲ通りです。二人は何を見ていたのでしょう。ジャウメ I 駅(Jaume Ⅰ)を通り過ぎ、アルジェンテリア通りを進むと見えてきましたー。

f:id:misasa104:20190416204129j:plain
Basílica Santa Maria del Mar Home - Basílica Santa Maria del Mar

f:id:misasa104:20190416204826j:plain

実際はもうちょっと暗い感じです。

f:id:misasa104:20190416205018j:plain

足を踏み入れた途端、厳かな雰囲気と教会の美しさに心打たれます。バルセロナに行ったらぜひ訪れてみてください。

 

6 pm 少し早いけど、バルに行くことに。近所で入れそうな店を探し、入ったのがエウスカル エツェーア タベルナ(Euskal Etxea)という店。まずは微発泡ワインのチャコリを注文。 

f:id:misasa104:20190417063319j:plain

チャコリは、高い位置から注ぐエスカンシアというパフォーマンスでグラスに注いでもらいます。「写真は1枚5ユーロね」と言うので、「じゃ、2枚いいですか」となーんて軽口を叩くのも楽しい。

f:id:misasa104:20190417064049j:plain

たくさんあるピンチョスの中から、2つをチョイス。おいしーー!この爪楊枝の数でお会計します。

6:30 pm ぶらぶら歩きながら、気になった店に入ります。ALE-HOPというギフトショップです。低価格で可愛い商品が多いです。

f:id:misasa104:20190417202903j:plain
REGALOS, COMPLEMENTOS DE MODA Y DECORACIÓN- ALE-HOP

 

もう一軒バルに行きます。偶然見つけたTXIRIMIRIというお店です。

f:id:misasa104:20190417204136j:plain

地元らしき人たちが飲みながらサッカー観戦をしていました。

f:id:misasa104:20190417212312j:plain
Restaurante Txirimiri Barcelona

こちらでは、 サングリアをピッチャーでオーダーしました。

f:id:misasa104:20190417211041j:plain

フレンドリーなスタッフがグラスに注いでくれます。

f:id:misasa104:20190417204430j:plain

2つ食べてお腹いっぱいになってしまったんですが、本当はもっといろんな種類を食べたかったです。注文してから作ってくれる温かい食事もあるようでした。

途中、バルツアーのような団体さんが入ってきて、ピンチョスを選んでは奥のほうに消えて行きました。奥にも部屋があったのかしら。人気店なんだと思います。

 

少し酔いました。そろそろホテルに戻ります。

f:id:misasa104:20190417213714j:plain

さぁ、明日は帰国です。

 

イタリアもスペインも、スリが多いと聞いていたんですが、誰も何も盗られず、買いたいものを買い、主要な観光地をめぐり、非日常を楽しんできました。

いやはや、それにしても今回はたくさん歩きました。旅行のためにも体力作りしなくは。って、毎度言っているんですけれどもね。

 

<前のページへ -Index- おしまい

2019/03/30 ローマ④⇒バルセロナ①

今日はバルセロナへ移動する日です。飛行機の出発時刻は午後2時なので、ホテルをチェックアウトする前に、またテルミニ駅へ買物に出かけます。

10 am  テルミニ駅のラバッツァコーヒーには朝のカフェを求めるたくさんの人が。

f:id:misasa104:20190413151213j:plain
Lavazza Caffè Espresso Italiano dal 1895 | Visita il Sito Ufficiale

ゴムでパチンととめるノートが有名なモレスキンがありました。バッグパックが格好良くて、(また)衝動買いしてしまいそうに。

f:id:misasa104:20190413154237j:plain
Moleskine

f:id:misasa104:20190413155852j:plain

Coinなどで買物をし、最後のお土産を買ってから、ホテルに戻りチェックアウト。テルミニ駅からレオナルド・エクスプレスでフィウミチーノ国際空港へ向かい、空港で軽くランチした後、アリタリア航空バルセロナまで行きます。

バルセロナエル・プラット空港とホテルの往復は、ベルトラで送迎車をオンライン予約していました。空港では背の高いダンディーなドライバーさんが待っていてくれ、ベンツでホテル前まで私たちを運んでくれます。

バルセロナで2泊するのはRialtoホテルです。

f:id:misasa104:20190413161600j:plain

ホテルにチェックインし、少しだけ休んでロビー集合です。ホテルの前のフェラン通りは賑やかで赴きがあります。この通りだけでテンションが上がります。

f:id:misasa104:20190413162043j:plain

このフェラン通りから横に伸びる小路がたくさんあって、どれもこれも写真に収めたくなります。観光地よりもこちらの写真が多い?

f:id:misasa104:20190413203741j:plain

f:id:misasa104:20190413204811j:plain

5:50 pm 寄り道しながら、ようやくランブラス通り(La Rambla)に出ます。足元にはスペインのジョアン・ミロのモザイク画があります。みんなに踏まれていますが。

f:id:misasa104:20190413205517j:plain

6 pm 少し行くと、人で賑わっているところがあります。ブケリア市場(Mercado de Sant Josep)、正式名はサン・ジュセップ市場です。市内で最大の規模だそうです。

f:id:misasa104:20190414090710j:plain

明日は日曜日で市場は閉まっているので、もちろん中に入ってみます。野菜・肉・魚など様々な食材が売っています。活気に満ちていて見るだけでも楽しいです。

f:id:misasa104:20190414092845j:plain

フルーツの種類が豊富で、中には見たこともないものも。その場で名前を聞いたのですが、聞いたそばから忘れるという・・。

f:id:misasa104:20190414092858j:plain
Mercat Boqueria Barcelona | Mercat de les Rambles

買物客も観光客もみんな楽しそうなのが印象的です。お土産になりそうなものも売っています。私はここで、いろいろな種類のオリーブオイルが小瓶に入ったセットとイビザの塩を買いました。そして、カップに入ったいちごを買って4人で食べました。甘かったです。

そのあとも、アクセサリーの店、チョコレート専門店、土産ショップなど、気になった店に入ってみます。

f:id:misasa104:20190414100023j:plain

プルタル・デ・ランジェル通り、路上パフォーマンスを見ている人でいっぱいです。

カタルーニャ広場のほうまで行き、デパートのエル・コルテ・イングレス(El Corte Inglés)に入ってみます。

f:id:misasa104:20190414100750j:plain
El Corte Inglés de Centro Comercial Plaça de Catalunya

f:id:misasa104:20190414101607j:plain

私たちが入ったのは地下の食品売り場です。品揃えは豊富でお土産で買いたいものは何でも揃うのではないでしょうか。

f:id:misasa104:20190414174834j:plain

次はサンタ・クレウ・イ・サンタ・エウラリア大聖堂 (La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàliaを目指します。

 

8:10 pm 大聖堂の前にあるピカソの壁画で有名なカタルーニャ建築家協会(Col.legi d'Arquitectes de Catalunya)の建物です。

f:id:misasa104:20190414103111j:plain
COAC | COL·LEGI D'ARQUITECTES DE CATALUNYA

そして、カテドラルです。地元の人はラ・セウ(La Seu)と呼んでいるらしい。まずはその大きさに圧倒されます。次の日に中にも入ってみようとしたのですが、残念ながらクローズになっていました。

f:id:misasa104:20190414104848j:plain
Catedral de Barcelona

8:15 pm 門の方から広場を見るとこんな感じです。

f:id:misasa104:20190414111545j:plain

しばらく写真を撮ったりして、名残惜しくも次へ向かうことにします。

f:id:misasa104:20190414112419j:plain

 

スペイン初日はパエリアを食べに行こうということで、ホテル近くのレイアール広場に面しているラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)に行くことにします。

f:id:misasa104:20190414113113j:plain
Les Quinze Nits :: Andilana

8:30 pm 外のスタッフに声をかけて待っていると、すぐに2階に案内してくれました。白ワインとパエリア、パエリアを待つ間につまむハムとサラダと注文。

f:id:misasa104:20190414114356j:plain

イベリコ豚のハムです。塩加減がちょうどよく、ワインがすすみます。

f:id:misasa104:20190414114658j:plain

ミックスパエリア3人分です。魚介の旨みがして美味しかったです。久しぶりに食べる米に感激、もっと食べれるかと思ったのですが、3人分でも多過ぎるくらいでした。

10 pm 今日はこれでホテルに帰って休みます。

 

<前のページへ -Index- 次のページへ>

2019/03/29 ローマ③

2:25 pm スペイン広場から歩いて、トレヴィの泉(Fontana di Trevi)に行きます。人が多いのですぐにわかります。

f:id:misasa104:20190413082900j:plain
Fontana di Trevi

この泉を見ている人はこちら(↓)。ローマに来たら、はずせないスポットということでしょう。

f:id:misasa104:20190410090231j:plain

次なる目的地は、はい、パンテオン(Pantheon)です。道中も人が多いです。

f:id:misasa104:20190411201953j:plain

午前中にバチカン美術館でラファエロの作品を観てきましたが、彼の墓があるのがここです。

f:id:misasa104:20190411202013j:plain
Pantheon - Polo Museale del Lazio

f:id:misasa104:20190413090334j:plain

中に入ってみると、このような光景が飛び込んできます。天井には「パンテオンの目」と呼ばれる穴が開いています。この日は晴天でしたが、雨天ならばここも雨に濡れてしまうのでしょう。

 

次はナヴォーナ広場へ向かいます。その途中、コルソ・デル・リナシメント(Corso del Rinascimento)通りにある、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の薬局(Santa Maria Novella)に寄ります。本店はフィレンツェで、こちらはローマ支店です。

f:id:misasa104:20190410090252j:plain
Santa Maria Novella Firenze 1612

スキンケアや香料、コスメなどが売っています。東京にも新宿伊勢丹や銀座にお店があるようです。私はここで、フリージアのコロンを買ってみました。とても素敵な香りです。

f:id:misasa104:20190413093616j:plain

この店の隣のベネチアングラスの老舗ムラノピウ ローマ本店Murano Più Made In Italy)の中にも入ってみました。見るだけでも楽しいです。

3:50 pm ここからすぐのところにナヴォーナ広場(Piazza Navona)があります。ここは「四大河の噴水」があることで有名なんですけれども、帰ってから写真を見てみると噴水らしきものが写っていないー。実際には左のほうの彫刻の下に噴水があります。

f:id:misasa104:20190413090034j:plain
Piazza Navona

この広場は南北に細長い形をしていて、中央にある噴水のほかに北側にネプチューンの噴水(Fontana del Nettuno)、南側にムーア人(Fontana del Moro)の噴水があります。だいぶ疲れた私は、南と北の端まで行く元気はなく、あとの3人に噴水を堪能してと言い、自分はベンチで路上ライブの演奏を聴いてました。

 

ここからはバスに乗って、真実の口(Bocca della Verità)へ行きます。歩いても行けると思いますが、そんな余力はすでになく。

バスに乗って約5分くらいでしょうか。バス停からサンタ・マリア・イン・コスメディン教会まではすぐです。すでに写真スポットには行列ができていましたが、並んだのは20分くらい?あまり覚えていません。

5:10 pm 旅行に行っても自分の写真を撮ってもらうことはほとんどないですが、ここではお決まりのポーズで撮ってもらうことに。

f:id:misasa104:20190413101451j:plain
Bocca della verità a Roma

映画『ローマの休日』でのシーンはあまりにも有名です。グレゴリー・ペックが真実の口に手を入れると、突然手が口に引きずりこまれてしまうシーンは、実はアドリブだったのだとか。

 

ここからは歩いて、ローマの下町トラステヴェレに向かいます。入り組んだ石畳の路地を持ち、若者が多い地区です。

5:25 pmラティーノ橋と渡った辺りです。まだ明るいです。

f:id:misasa104:20190413112005j:plain

こんな路地が続きます。

f:id:misasa104:20190413114107j:plain

ローマで最古の教会と言われているサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂が見えてきます。

f:id:misasa104:20190413114221j:plain

中に入ると礼拝中(だと思う)で厳かな雰囲気だったので、写真は撮りませんでしたが、金箔がふんだんに使われているどこか華やかな教会でした。

そろそろ夕食をとろうと、近くのリストランテに寄ります。

f:id:misasa104:20190413115414j:plain
Trattoria Otello Trastevere | Ristorante a Trastevere

6 pm お腹はすいているけれど、疲れてあまり食べれそうにないので、白ワインと4人で1つのピザ、サラダと注文しました。ここで一休みです。

f:id:misasa104:20190413120045j:plain

トラステヴェレ通りからトラムに乗り、ベネチア広場まで移動します。 

f:id:misasa104:20190413120617j:plain
Piazza Venezia - Turismo Roma

 

7:30 pm トラムを降りて、ミケランジェロカピトリーノ(Michelangelo 's Capitoline Steps)の階段のほうへ。

f:id:misasa104:20190413121852j:plain

向かって右側の緩やかな階段(というより坂)を上がって行くと、そこはカンピドーリョ広場(Campidoglio)です。

f:id:misasa104:20190413122231j:plain

この裏手から、フォロ・ロマーノ(Foro Romano)が見渡せます。夜景が綺麗で、階段を上った疲れも束の間癒されます。

f:id:misasa104:20190413122816j:plain
Fori Imperiali

サン・ピエトロ・イン・カルチェレ通り(Via di San Pietro in Carcere)を下り、向かったのは今日のゴール、コロッセオです。

f:id:misasa104:20190413125803j:plain
Colosseo

8 pm こんな歩いたことはかつてあっただろうか、というくらい今日は歩きました。ここからは地下鉄でテルミニ駅まで帰ります。

<前のページへ -Index- 次のページへ>

2019/03/29 ローマ②

今日は一日、ローマの主要な観光地を巡る予定です。まずは、1か月前にオンライン予約したバチカン美術館からスタート。入場時間は8:30です。

7:30 am 少しでもラッシュアワーを避けるべく早めに出発することにします。地下鉄のテルミニ駅は、確かに人は多かったですが、東京のそれに比べたらたいしたことはありません。もう少し遅い時間だともっと多いのかもしれませんがー。

テルミニ駅から地下鉄A線で移動、おおよそ10分くらいでのオッタヴィアーノ駅(Ottaviano)に到着。道中には係員らしき人がたくさんいます。写真付きIDカードのようなものを首から下げて見せますが、本物かどうかは不明。道を聞きたいだけなのに、チケットを見せろと言ったり、チケットのグレードアップを勧めてきたりします。

f:id:misasa104:20190409090852j:plain
8:00 am バチカン美術館へ向かう人々が見えてきました。入口付近ではすでに行列ができていましたが、予約済みの人は並ばずに入れてもらえます。予約の30分前ですが、すんなり入場できました。まずは荷物検査です。 

f:id:misasa104:20190409090412j:plain

団体客が多いように感じました。セキュリティチェックを済ませた後は、向かって左側にあるReceptionの窓口で、バウチャーを見せて入場チケットに交換してもらいます。チケット裏側にコードが印字してあるので、これをスキャンして美術館に入ります。

8:17 am 入口から2階に上がると、下のような写真スポットがありました。向こうに見えるのはサン・ピエトロ大聖堂のクーポラです。

f:id:misasa104:20190409101100j:plain

時間が限られているので、効率的に見れるように下調べして行きました。絵画館(ピナコテカ)にある18室を一通り観てから、ピーニャの中庭を通って上階へ移動。燭台のギャラリー⇒タペストリーのギャラリー⇒地図のギャラリーを通って、ラファエロの回廊あたりをさっと回り、階下のシスティーナ礼拝堂に行きます。

f:id:misasa104:20190409135207j:plain
ピナコテカの第8室に展示されているラファエロ作品

 

システィーナ礼拝堂だけは写真撮影が禁止されています。どんな雰囲気なのかは以下のバチカン内のサイトで見ることができます。実際に見ると感動します。

Sistine Chapel - Vatican Museums

美術館からサン・ピエトロ大聖堂へショートカットで行ってみます。『最後の審判』を背にして、右側の出口から出ます。するとかなり地味な階段(下の写真左)があります。人がいないので若干不安になりますが、そのまま進みます。さらに階段(下の写真右)があるので、そこも降りて行きます。

f:id:misasa104:20190409144508j:plain

下まで行き、左に出るとこんな感じのところに出ます。

f:id:misasa104:20190409144709j:plain
この右手が大聖堂になります。右下はクーポラに上るための行列ができるらしいのですが、時間のせいか閑散としています。

大聖堂の中に入ってみます。こんなに大きな聖堂は今まで見たことがありません。大聖堂の核ともいえる天蓋「バルダッキーノ」は、高さは29mにもなります。私のスマホ写真では、その迫力がいまいち伝わらないですねー?

f:id:misasa104:20190409145441j:plain
Basilica Papale - SAN PIETRO

f:id:misasa104:20190409151358j:plain

後から知ったのですが、この日は午後から行事があったらしい。そのための準備なのか椅子がずらりと並べられています。

f:id:misasa104:20190409154701j:plainバチカンを警護する伝統的なスイス衛兵です。

f:id:misasa104:20190412071004j:plain

サン・ピエトロ大聖堂の正面から帰ることにします。そのまま進んで行くと、すぐにサンタンジェロ城が見えてきます。

f:id:misasa104:20190409154138j:plain
Home - Museo Nazionale di Castel Sant'Angelo - Sito Ufficiale

 

橋を渡り、スペイン広場に向かいます。少し寄り道してコロナリー通り(Via dei Coronari)を行きます。

f:id:misasa104:20190409161924j:plain

わぁ、私好みの小路です。通りにはかわいい小さい店があり、見るだけでも楽しいです。

f:id:misasa104:20190409162407j:plain
Accessori Moda in Pelle e Antica Scrittura - Dallaiti Design

f:id:misasa104:20190409162513j:plain
Kouki Vetro Soffiato

クレメンティーノ通りからレオーネ通りに進んだところにある、チャンピーニというカフェでジェラートを食べることに。

f:id:misasa104:20190409171037j:plain
Ciampini Roma – ciampini-gelato

私はマロングラッセとピスタチオを食べました。なんと日本語のメニューがありました。新鮮で自然なものだけを素材に作っているのだそう。

 

スペイン広場に近づくにつれ、人と店が多くなってゆきます。途中に2015年に創設されたローマ発のシューズブランドBallereTTeの店があります。カラーが豊富で素材も選べます。

f:id:misasa104:20190409173442j:plain

私はここで、綺麗な色のバレエシューズを買うつもり満々だったんですが、サイズが合わず(36だと痛くなり37だと歩くたびに脱げそうになってしまう)、泣く泣く断念することに。
f:id:misasa104:20190409173503j:plain
Ballerine - Scarpe da Donna e Bambina online - BallereTTe

近くにはディズニーストアもあり、そこにも寄りました。ディズニーファンの二人がお土産を買っていました。

0:22 pm いよいよスペイン広場が見えてきました。 

f:id:misasa104:20190409180032j:plain

f:id:misasa104:20190409180545j:plain

階段を上った高台から撮った写真です。天気が良いので上着を脱いでいる人が多いです。広場の真前のコンドッティ通りは人でいっぱいです。

 

1:00 pm そろそろお腹がすいてきました。ランチはリストランテ 34(Ristorante al '34)でします。入店したときは、それほど混んでいませんでした。陽気なおじさんスタッフが、片言の日本で出迎えてくれます。

f:id:misasa104:20190409183226j:plain

パスタはカルボナーラよりも、魚介系のパスタのほうがより美味しかったです。

f:id:misasa104:20190409183245j:plain

2:00 pm 店を出る頃には、外も店内もいっぱいになっていました。みなさん、遅めのランチなんですね。

f:id:misasa104:20190409182658j:plain
Ristorante 34

ここまでで、十分見て、歩いた気がするのですが、まだ終わりではありません。まだまだ続きます。

<前のページへ -Index- 次のページへ>

2019/03/28 ローマ①

初のアリタリア航空。辛口の口コミを読んで覚悟していましたが、食事は美味しかったですし、客室乗務員の印象も良かったです。不満は固くて厚いヘッドレストくらいでしょうか。トラベル用のネックピローを持参して良かったです。

機内が非常に寒いというコメントも読んだので、少々警戒していたのですが、コートを着るまでもなく、備え付けのブランケットがあれば充分でした。

機体にも依ると思いますが、私たちが乗った機内のディスプレイは小さく、リモコン操作のみ、映画も新しいもの、日本語化されているものは多くありませんでした。行きは日本語対応の映画を3作は観たけれど、覚えているのはマーベルの『ヴェノム』だけ。あとは何を見たのか思い出せず。

 

6:30 pm 現地時間午後7時に到着予定でしたが、30分程早く到着しました。預けたスーツケースの受け取りもスムーズで幸先いい感じ。今夜泊まるホテルはテルミニ駅からすぐのロケーションなので、レオナルド・エクスプレスで市内に移動します。

f:id:misasa104:20190406182409j:plain

黄色の看板の右端の電車マークに沿って行けば改札にたどり着きます。

切符は4枚まとめて券売機からクレジットカードで購入。電車が着いていたために急いで乗り込みたいのですが、刻印がうまくできません。同じ電車に乗る人に、「これは使えないよ」とか「左端に合わせて」など、教えてもらいました。ローマ=スリだらけと警戒モード全開にしていたので、この親切は嬉しかったです。

レオナルド・エクスプレスの刻印機はアリタリアを思わせるようなカラーで、ホームの端にあり、皆がそこで刻印しているのですぐにわかります。切符を挿入する間口が大きいのですが、チケット左端に寄せて挿入するとうまく刻印できるようです。

8 pm 車中でおしゃべりしていたらあっという間に到着しました。

f:id:misasa104:20190406193602j:plain
壁一面がベネトン広告で、イタリアに来たー!という感じ。

f:id:misasa104:20190406195548j:plain
今回泊まるCOROTホテルは、駅の北側の出口から通りを渡って数分、驚くほど近かったです。

f:id:misasa104:20190406200113j:plain

チェックインを済ませ、各部屋に荷物を置いて15分後に1階集合です。すぐそばのテルミニ駅まで出かけることにします。

地下にあるイタリア、ミラノ発祥のコスメブランドのキコ(KIKO MILANO)で娘へのお土産を買う人、スーパーマーケット、コナド(Conad)で土産用の菓子を買う人、それぞれが買物を楽しみます。

そのあとは、2016年にオープンしたというフードコート、メルカート・チェントラーレ(Mercato Centrale Roma)に行ってみます。あまりお腹はすいていませんでしたが、飲み物だけでも、いうことで。

f:id:misasa104:20190408211706j:plain本来はエキナカのCoinというモールを通って行けるのですが、Coinがもう閉まっていたので、駅の外側から向かいます。

f:id:misasa104:20190406204003j:plain
9:40 pm あまり混んでいないのかな?と思いましたが、店内は賑わっていました。各コーナーを見るだけでも楽しいです。私はバールでライトビール、その後、ワインコーナーでスタッフお薦めの白ワインを購入。

ちょっとだけ、味見ね、ということでトリュフ専門店でパスタを注文。€20と€25の選択があり、€25の方をお願いしてみます。

f:id:misasa104:20190406204101j:plain

このパスタを4人で分けて食べました。トリュフの香りが食欲をそそります。ローマで初めて口にしたのがこれで良かったと思えるような美味しさです。そうしたらもっと食べたくなり、今度はピッツァを注文することに。ローマでは知る人ぞ知る新進気鋭のピッツァ シェフ、ピエール・ダニエーレ・セウのお店です。ここは定番にすべきでしょう、ということでマルゲリータを選択、目の前にある大きな窯で焼いてもらいます。

f:id:misasa104:20190406204115j:plain

もちろん、こちらも美味しかったです。スタッフもフレンドリーです。

 

10 pm 地元の人たちでいっぱいに。

f:id:misasa104:20190406204129j:plain
Mercato Centrale Roma | Mercato Centrale

オフィシャル・サイトの落書き風デザインが可愛いです。チェックしてみてください。イタリア語と英語が選択できます。

 

最後に友人がピスタチオのジェラートを注文したのを、少しもらいました。日本で食べるそれとは違い、クリーミーで美味しかったです。これ、東京駅にあったら、毎日寄ってしまいたくなりそうです。

日本を出発してから14時間以上が経っていました。ホテルに戻り休むことにします。

-Index- 次のページへ>

2019/03~04 ローマ・バルセロナ旅行記:Index

26歳の長男の小学校時代のママ友3人と海外旅行に行ってきました。昨年久しぶりに会ってランチしたときに、子どもたちの手が離れたこともあり、皆で旅行に行きたいねとなりました。

はい、それで帰ってから、すぐにトラベルコの海外ツアーのサイトでチェックしてみました。ヨーロッパでメジャーな観光地があって、食べ物が美味しいところということで、まず浮かんだのはイタリアです。イタリアで一人一部屋OKのツアーを探したところ、ローマとバルセロナに行く手ごろな価格帯のフリーツアーを見つけました。皆に相談したところ、話しはトントンと進み、2018年の10月には申し込みをしました。

f:id:misasa104:20190406112118j:plainバチカン美術館にあるブロンズで出来たオブジェ「球体のある球体」


4人のうち3人は仕事をしているので、旅行日数は6日間くらいが妥当だろうということになりました。また1人は中学校で事務をしているので、春休みを利用することに。

旅程は以下の通りです。航空会社はアリタリア、時間短縮のため直行便を利用、私にとっては初のアリタリア航空です。

搭乗日 便 from to
2019/03/28(木) AZ785 東京(成田) ローマ
2019/03/30(土) AZ076 ローマ バルセロナ
2019/04/01(月) AZ077 バルセロナ ローマ
2019/04/01(月) AZ784 ローマ 東京(成田)

 

季節の変わり目ということで服装を迷いましたが、薄手で軽量の冬コートを着ていき、暖かい日に着る春ジャケットはスーツケースに入れて持っていきました。今までの旅行よりも荷物が多くなってしまい心配したのですが、行ってみれば4人のうち、最も荷物が少なかったです。

日本でオンライン予約したのは、ローマのバチカン美術館とバルセロナサグラダファミリアの入場チケットです。およそ1ヶ月前に予約したのですが、サグラダファミリアのほうは朝一番の入場チケットは完売で、11時からのチケットになりました。

 

娘と行くときは、必ずポケットWiFiをレンタルし、二人でシェアしていましたが、今回はauの世界データ定額を利用してみることにしました。ありがたいことに、ちょうど2019/2/22~2019/3/31まで無料キャンペーン中でした。有料でも24時間980円ということで、そこまで高額ではありません。使い方も簡単!海外に着いたらデータローミングをonにして、世界定額のサイトまたはアプリで「利用開始」ボタンをクリックするだけです。国内で使っているのと変わらないですし、何よりもいいのは、意外に重たいポケットWiFiを持たなくて良いということですねー。au STAR会員なら月に1回は無料になるというのも嬉しいところ。

 

さて、旅行は以下のように回りました。ローマに関しては詰め込み過ぎでしょうか。追々更新していきたいと思います。

3/28(木) ローマ到着:テルミニ駅 Mercato Centrale Roma
3/29(金) バチカン美術館 ⇒ サン・ピエトロ大聖堂クロンボー城 ⇒ スペイン広場 ⇒ RisRistorante al '34 トレヴィの泉パンテオン ⇒ ナヴォーナ広場 ⇒ 真実の口 ⇒ サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂 ⇒ Otello ⇒ カンピドーリョ広場 ⇒ コロッセオ 
3/30(土) ローマからバルセロナへ移動:ランブラス通り ブケリア市場 エル・コルテ・イングレス カテドラル Les Quinze Nits
3/31(日) サグラダファミリアカサ・ミラ⇒グエル邸 サンタ・マリア・ダル・マル教会 バル巡り Euskal Etxea TXIRIMIRI
4/01(月) バルセロナ ⇒ ローマ ⇒ 成田

次のページへ>

2019/02 プラハ旅行:⑥スーパー

2019/02/10 帰国日です。昼前にはホテルを出ないといけないので、まずはチェックアウトし、ホテルにスーツケースを預けます。

9時にホテルを出て、朝早くから開いているスーパー Tesco Expresに行きます。そこでお土産を買うつもりです。

f:id:misasa104:20190218214030j:plain
Expres Praha Bělehradská | Tesco

f:id:misasa104:20190218214549j:plain

ここで、お土産のチョコや缶ビール(2本だけですけれど)、スープなどを買いました。どれも手頃な価格です。

f:id:misasa104:20190218215120j:plain

左下はオリオンのウェハース、右のPRALINESはスイスブランドでしょうか。とても美味しかったです。

空港に「プラハチョコレート」というお店があって、そこで缶に入ったチョコを買ったのですが、1つが小さめで個包装されていて、さらに表にプラハと書かれているので、会社などのばら撒き土産にピッタリでした。

 

自然派スキンケアブランドMANUFAKTURAにも寄りました。写真は売れ筋ベスト10。ここでお土産用に石鹸を買いました。

f:id:misasa104:20190221072613j:plain
Manufaktura | Originální česká kosmetika

 

今回は期間が短かったのですが、プラハを満喫できたと思います。ただ、乗り継ぎ便が欠航というアクシデントもあり、プラハは遠かったです。夏は直行便のないヨーロッパの国に行こうと思っていたのですが、乗り継ぎなしで行ける場所に変更しようか検討中です。

<前のページ