2017/03 NY:3日目

この日の朝食は、昨日のカフェRの通りのもう1つ先にあるFriedman。この隣にはいつも人がたくさん入っている人気のパン屋があり、店の中はつながっていたので、このパン屋で焼いたものがメニューに出てきているのではないでしょうか。実際私たちが食べたパンはとても美味しかったです。出勤前のサラリーマンがここで朝食をとっているようでした。

f:id:misasa104:20170324202232j:plain
一番左奥が見えづらいんですけれどエッグベネディクト風のNova Benny、右がAvocado Toast、手前がThe Breakfast Sandwich、ホント、美味しかったです。そして、サラベスほど高くありません。

午前中はC3チケットでサークルラインに乗船する予定だったので、途中まで地下鉄で行き、それから西側にある乗り場 Pier 83まで歩きます。この日も天気が良くて、寒いけれど気持ちの良い朝でした。

私たちは、最も乗船時間の短いリバティクルーズを選択(あまり長時間乗っていても飽きるかなと)、それが10時半出港でした。City Passで乗れるのは、時間の短いものですが、それ以外でも追加料金を払えば、どれにでも乗れそうでした。夏には混雑するらしいですが、寒い季節だったこともありそれほどでもありません。自由の女神も良く見えました。

f:id:misasa104:20170324201948j:plain

船を降りたあとは、来た道を徒歩で戻り、地下鉄に乗ってロックフェラーセンターに向います。これで、C3チケットを全て使います。展望台に上り、そろそろ降りようかというところで、ユナイテッドからきたメールに気付きました。「あなたのフライトはシビアな気象条件でキャンセルされました」ですって!

この日は、先に書いた通り、とても良く晴れた日だったので、にわかに信じられない気持ちでした。が、放っておくわけにもいかないので、メール本文にあるリンクをクリックすると、日付の選択肢(13,14,15)がありました。13というのは当日、14は翌日、つまり欠航日、ということで、15日を選択、近くの空港にチェックを入れると、同一の便(UA79)があったので、それをクリック、、すると初期画面(つまり日付を選択する画面)に戻ってしまいます。

私は自分でもシステムを作成しているので、本来ならばここでコミットされたというメッセージを期待するところです。またはメールが届いてもよさそうなものです。もっと言うなら、14日は全便欠航なら日付の選択肢から外すべきでは?

とか、まぁ、いいんですが、このときには予約が失敗したと思い込んでいたので少々焦りました。排他制御でブロックされたのかと思ったり。もう一度トライしてみると、便の選択肢からは直行便(UA79)はなくなっていて、デンバー経由のみが表示されていました。あらら。

この状態での便変更は早い者勝ちという気がするでしょう?飛行機とホテルをどうするか、一旦ホテルの帰ってから考えようということになりました。JTBから渡された現地で困ったときの連絡先に電話をしてみましたが、欠航については自分でやってね、または日本のJTBに連絡してみてねというスタンス。連絡はしませんでしたが、JTBのQAにも天候不良等による欠航時は、自分でやってというようなことが書いてありました。

折しも、そうこうしているうち、私は現地のペンパルCさんと待ち合わせをしている時間になりました。ロビーに行くと、すぐに会えました。実際には会うのは、このときが初めてです。Cさんは学校の先生で、この時点ですでに明日の休校が決まっていました。彼に事情を話し(彼は日本語ができます)、皆が集まっている部屋(私の部屋)まで来てもらいました。

彼とユナイテッドのリンクページを見ていると、自分たちの予定を「View」できるボタンを見つけ(最初からあった?)、見てみると15日の直行便が予約されていました。ロックフェラーでしたクリックはちゃんと生きていたんですね。念のため、彼がユナイテッドに電話してくれましたが、電話を回された挙句、つながることはありませんでした。

ライン電話で早朝に起こした夫からも、「ちゃんと予約が入っているみたい、大丈夫そう」と連絡がきたので、とりあえず飛行機は翌日に振替できたと判断。「デンバー経由でいったら、古い型の飛行機に乗れたかも」などと嬉しそうに話す飛行機おたくの夫。笑えない=3

さて、ホテルの延泊ですが、チェックインカウンターでお願いするも(ペンパルの彼にも手伝ってもらいましたよ、ホテルもてんやわんや状態なので、担当者はものすごい早口でまくしたてます)、ここで申し込むと1部屋400ドル以上(もちろん、代金は急上昇中)、ネットで予約したほうが安く済むけど、どうする?というので、Hotels.comから、ツインの1部屋を申し込みました。なんと1泊300ドル超えです。

それでも、その日のうちにSOLD OUTになったらしいので、とれただけれでもラッキーと思わなくては。夫はもし延泊できなかったら、日本から別のホテルを予約するよと言ってくれていたんですけれど、もしそうなっていたら、吹雪の中、荷物を持っての移動は大変だったことでしょう。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ