2017/03 ニューヨーク旅行

友人がNYに行ってみたいということで、急きょ友人2人と行くことにしました。これが今年の1月に入ってからで、実際にツアーを探し始めたのは1月の中旬くらいから。
3人とも仕事をしているので、最初は3月の3連休を使って3泊5日で行こうと思っていましたが、同じことを考える人も多く、この期間で安いツアーは見つかりません。近所のHISに行ってみたものの、提示した値段だと直行便はないということでした。

そんなとき、Yahoo旅行でJTBのネット限定ツアーを発見。航空会社は未定となっていましたが、直行便で約10万円くらいでした。ペンシルバニアホテルで一人部屋追加代金の一泊1万円を入れても、一人当たり約13万円という安さ。もうこれにするしかないでしょう、ということで、決めたのが1月の下旬です。
旅行日程は3月11日(土)~15日(水)としました。

JTBから日程表が送られてきたのが3月1日。ユナイテッド航空で成田(NRT)とニューアーク・リバティー国際空港(EWR)の往復で、EWRの到着が17時くらい、14日は11:45出発なので、実質NYCを満喫できるのは中日の2日間だけとということになります(実際には3日間になるのですが)。

f:id:misasa104:20170323095452j:plain

私たちがNYを離れる予定だった日、ブリザード?かストーム?がくるということで、飛行機は欠航となりました。予報よりは荒れませんでしたが、雪が降り、私たちは一日多くNYCに滞在することになりました。

 


2017/03 NY旅行準備1日目2日目3日目4日目5日目まとめ

2016/09 NY 8.食事

<その7へ 2016/09NY旅行その8

わかってはいましたが、やはり料理の量が私には多過ぎます。朝食をとると昼になってもお腹は空きませんでした。夜はミュージカルを観たり観光したりで、簡単に済ませることが多かったです。 

シェイク・シャックShake Shack

f:id:misasa104:20160924105242j:plain

初日ホテルに到着してすぐに、近くにあるタイムズ・スクエア店に行きました。看板の赤いネオンが目印です。金曜日の夕方ということもあって行列が出来ていましたが、思ったほどではありませんでした。

チーズバーガー2つとポテト1つ、私はビール、娘にはジュースを注文しました。注文カウンターで、ビールはすぐに出してくれて、あとは呼び出し用のバイブを渡されます。

ですので、注文して席が空いていたら、そこに座って待てばいいです。用意ができると、バイブが震えて(赤く点滅もして)教えてくれます。

私が先にビールを飲んでいると、それを見たおばさんが「あなた、それ店内で買ったの?」と言うので、壁のメニューを指して右端に書いてあるよと言うと、「私たちもそれにしたかった」と。確かにファストフードのハンバーガーショップでビールが頼めるのは珍しいかもしれません。

サイズはそれほどでも大きいわけではありませんが、肉の旨みが凝縮していて、食べ応えありました。私はハンバーガーだけでお腹いっぱいになったので、ポテトは二人で1つでちょうど良かったです。

 

サラベス:Sarabeth's

f:id:misasa104:20160922204022j:plain

日本でも知名度の高いサラベスには、前日にオンラインで予約(HPから簡単に予約できます)しました。CENTRAL PARK SOUTH店はタイムズ・スクエアから歩いて20分くらいでした。

娘は定番のエッグ・ベネディクトを、私はリコッタ・パンケーキを注文しました。パンケーキは、期待していた通りふわふわでした。が、量が多過ぎて全部は食べられませんでした。二人で飲み物・チップを含めて全部で60ドルくらい。お高いです。半分の量でもう少し安いといいと思いますが、まぁ無理でしょうね。

 

ザ・スミスThe Smith

f:id:misasa104:20160922203531j:plain

こちらもオンラインで予約してから行きました。場所はミッドタウンですが、少し遠いので地下鉄を利用して行きました。

席に着くと、炭酸が入った水とそうでない水のボトルをおいてくれます。私はフレンチ・トースト、娘はBLTサンドウィッチを注文。食事の前にマフィン(写真の左奥)を出してくれるのですが、これを全部食べたら次が食べれないと思い少しだけ試食しました。

私が食べたフレンチトーストは程よく柔らかくて甘過ぎず、上にのったバナナシロップも美味しかったです。表面はさくっと中はふわっとしていてクセになりそうです。トーストの厚みがすごいので、ここでも完食できなかったのだけが心残りです。

 

シティ・キッチン:City Kitchen

f:id:misasa104:20160922204103j:plain

ホテルのすぐそばにあるフード・コートで2階にあります。まだ新しいのか、きれいでした。ここに一風堂系列の黒帯ラーメンが入っていますが、私たちは朝行ったので、まだオープンしていませんでした。こちらのページで詳しく紹介されています。

 

<<Index

2016/09 NY 7.観光

<その6へ 2016/09NY旅行その7 その8へ>

旅行に出発する直前に、急に思い立ってNYシティパスC3を買いました。有名な観光スポット3ヶ所を選択して入場できます。私たちが行ったのは次のスポットです。 

メトロポリタン美術館The Metropolitan Museum of Art

f:id:misasa104:20160924193238j:plain

入り口で手荷物検査をしてから入ると、大きなホールの中央にインフォメーションデスクがあります。そこに各国の言語で書かれたマップが置いてあります。

左奥のAdvance Sales DeskでプリントしたC3パスのバウチャーを見せると、それをスキャンし確認。そしてすぐにMETシールを渡されるので、これを服の上から胸のあたりに貼っていました。

公式サイトに内部のマップが載っていますし、PDFのダウンロードもできます。とにかく広いし、展示物の数も半端ではないので、行く前にちらっとこちらを見て、焦点を当てて行くのも良いかもしれません。

私たちは1階はサッと観て、2階をメインにまわりました。それでも、NYCに来てからというもの、歩き回っていた疲れもあり、途中から疲れてしまいました。

 

エンパイア・ステートビル:Empire State Building

f:id:misasa104:20160924193733j:plain

ショッピングの帰りに寄りました。天気も良く、昼間の展望台も良かったです。

ここは入り口でのパスチェックがなかったので少々心配でした。エレベータまでビルの中を移動するのですが、エレベータ付近についてやっとパスを確認してくれました。このパスで80階と86階の展望台に行けます。

昼間の時間だったせいか、思ったほど混雑はしていませんでした。割りと早くエレベータに乗れました。素晴らしい眺めでした。

 

トップ・オブ・ザ・ロック展望台:Top of The Rock

f:id:misasa104:20160924194319j:plain

こちらはホテルから近いので、ミュージカルを観終わった後に行きました。ちょっと入り口がわかりにくいかもしれませんので、前もってチェックしたほうが良いかも。写真がぼけてますが、夜景はため息が出るほど美しくて感動しました。

 

そのほかにも、9月11日の翌日にグラウンドゼロ 9/11メモリアルにも行きました。同時テロからもう15年も経ったんですね。感慨深かったです。

<<Index

2016/09 NY 6.ブロードウェイ・ミュージカル『ブック・オブ・ザ・モルモン』

<その5へ 2016/09NY旅行その6 その7へ>

NYで楽しみにしていたのがブロードウェイのミュージカルです。私はその昔、NYで『コーラス・ライン』を観たことがあります。今回は娘が一緒なので、クラシカルなものよりは新しく、そして英語がわからなくても楽めるもの(これは自分にとっても)を選びました。

 

ブック・オブ・モルモン:The Book of Mormon

2011年にトニー賞を総なめにした作品で、まだまだ根強い人気があります。今回の旅行で一番楽しみにしていました。AmazonでCD『The Book of Mormon (Original Broadway Cast Recording)』を買って、何回も音楽を聴いていたのでバッチリ予習済みです。

劇場に入り、横にあるボックスオフィスで、日本で印刷したバウチャーを提示しチケットに交換してもらいます。VERTRAで獲ってくれたのは前から2列目の中央席でした。

f:id:misasa104:20160922145644j:plain

劇場は客席と舞台の間が意外に狭いので、演目によっては、前過ぎると後方が見えづらいこともあるらしいですが、今回は全く問題になりませんでした。役者の細かい表情がはっきりわかり、臨場感があって良かったです。

モルモン教の布教の話しなんですが、ブラックユーモア満載で、笑いっぱなしでした。観客もノリノリで一体感に包まれているような感覚でした。時差ボケが心配でしたが、眠くなるどころか夢中になって、時間があっという間に過ぎました。とにもかくにも最高でした。

このチケットは完売していたので、日本で前持って購入して正解でした。機会があれば、また行きたいです。YouTubeトレイラーや2012年トニー賞のオープニングで披露した様子を見ることができます。

 

f:id:misasa104:20160922175337j:plain

このショーが予想以上に良かったので、他の演目も見たくなりました。(予習をしていなかった)娘も同じように思っていたので、翌日の夕方、たぶん16時を過ぎていたと思いますが、TKTS(チケッツ)に寄ってみました。

TKTSは、当日券を安く購入できる販売所で、タイムズスクエアにある赤い階段の下に窓口があります。その日にどの演目のチケットが出るかわからないし、席も指定できないんですが、かなりお得なチケットがゲットできるので、行列ができています。

私が行った月曜日は演目自体が少ないのか、時間が遅かったせいか、行列はありませんでした。それでもTKTSの赤い看板の下にある電工掲示板には3つの演目が表示されていて、どれも50%になっていました。

TKTSでは現金払いのみと知っていたので、ドルを少ししか持ってきていない私はお金を用意する必要がありました。行列を整理する係の人に値段を聞いてみたのですが、窓口じゃないとわからないと言われました(そりゃそうですね)。

娘と相談して『スクール・オブ・ロック』を観ようということになり、窓口で値段を聞いてから、道路の向かいにあるATMからVISAカードでキャッシングし、チケットを無事購入。代金は一人分74.5ドルでした。

 

スクール・オブ・ロックSchool of Rock

なんと私たちの席は前から2番目のちょうど真ん中という信じられないような良い席でした。キャンセルでも出たのでしょうか。こんなこともあるんですね。 

私は元になった映画を観ていたので、娘には前もって簡単なあらすじを伝えておきました。といっても、このショーは知らなくても大丈夫だったかもしれません。

迫力満点で、主人公の汗や唾が観客にまでかかりそうでした。登場する子どもたちは可愛くて上手で、さすがはブロードウェイだと関心しきり。最前列で見ていた家族連れの子どもたちも飽きることなく楽しんでいました。

f:id:misasa104:20160922150309j:plain

 

これで、すっかり味を占めた私たちは、その次の日もTKTSをチェック。曜日によって公開される時間が異なるので、サイトで確認してから行きました。

14時オープンのところ、14時半くらいに行ったら、ものすごい行列ができていました。慌てて(また)ATMでキャッシングしてから列に並びました。オープンしてからあまり時間がたっていなかったので、売られている演目はたくさんありました。

それで、今度は『ジャージー・ボーイズ』を観ることに。『キンキーブーツ』と迷ったのですが、娘がこちらのほうが良いということで。値段は78ドルでした。

現金払いというのを知らずに並んだ人は結構いるようで、私たちの前の人も横のブースの人もカード払いをしようとして、断られていました。が、その人たちは渡された用紙に名前を書いていたので、何かしらの救済措置があったのかもしれません。

 

ジャージー・ボーイズJersey Boys

このショーの席は2階だったのですが、こちらは高さを利用した演出だったので、ちょうど良かったのかもしれません。席によっては、舞台の2階部分が見えないところもあるそうなので、ラッキーだったと思いましょう。

歌は素晴らしく文句のつけようがないのですが、観客に向けての1人語りでドラマが展開するので、英語がわからないとちょっと辛いかも。私は途中で眠りそうになってしまいました。

これこそ、2年くらい前に公開されたクリント・イーストウッド監督による映画を観て、予習すべきでした。ストーリーを知っているか、もしくは英語が得意、またはフォー・シーズンズのファンという人なら、感動すると思います。 

f:id:misasa104:20160922151027j:plain

 

ということで、結局私たちは3日連続で夜はミュージカルを観ていました。どのショーも終わったあとは、出演者に対してスタンディングオベーションが送られました。

代金のことを考えるとゾッとしますが、ショーを観た日の夕食は簡単に済ませたので、良しとしましょう。 

 

<<Index

2016/09 NY 5.ショッピング:スーパーなど

<その4へ 2016/09NY旅行その5 その6へ>

デパートも楽しいですが、地元のスーパーやファーマシーも見たくて、アッパーウエストまで行きました。地下鉄で 79 St まで行き、80 St まで上れば、そこにゼイバーズ(Zabar's)があります。老舗のスーパーなので、知っている人も多いのでは?オレンジの文字が可愛いです。

f:id:misasa104:20160924170529j:plain

手前はカフェになっていて、地元の人でいっぱいでした。

f:id:misasa104:20160924170850j:plain

チーズやピクルスの種類がたくさんありました。私はオリジナルのエコバッグを2階のキッチン売り場で買いました。日本でスーパーに行くときに使いたいと思います。

 

そこから少し下がり、75 St にシタレラ(Citarella Gourmet Market)、 74 St フェアウェイ(Fairway Market) 更に2ブロック下がって72nd St にトレーダージョーズTrader Joe's)があります。

シタレラは高級スーパーなんですね。リッチな感じの食材や惣菜が売っていました。店内は他のスーパーよりは小さいです。フェアウェイはごく普通のスーパーという感じ。地元の人が大量に買い物をしていたのが印象的です。

トレーダージョーズでお菓子などを買いました。結構混んでいました。レジは1列に並び、順番が来ると何番レジに行きなさいとスタッフに指示されます。各レジの後ろにいろんなオリジナルバッグが置いてありました。日本ではトレジョバッグが人気なんだそうです。

 

70 St あたりにデュアン・リード(Duane Reade)という、ドラッグストアがあります。チェーン店であちこちで見かけました。3階まであって、薬だけでなく日用品や化粧品などたくさん売っています。

ここまでで、かなりお腹いっぱいという感じですが、コロンバスサークルまで、頑張って歩けば、タイム・ワーナーセンターの地下にある ホールフーズ(Whole Foods Market)にも行けます。

 

ホテルの近くにウォルグリーン(Walgreen)というドラッグストアがあり、駅からの帰り道によく寄っていました。 こちらは全米でチェーン展開していて、前述のデュアン・リードはウォルグリーンの傘下になったということ。なので品揃えは同じような感じでした。

f:id:misasa104:20160924191850j:plain

化粧品もたくさんあって見ているだけでも楽しいです。1階には食品もあり、ここで飲み物やカット・フルーツを買っていました。

私は小さな買い物でも、クレジットカードを使っていました。小さな機械にカードを差し込み、言語(English)を選択して、金額が表示されたらOKとするだけ。高額の場合は、パスワードを入力します。カードをスワイプするタイプのものもありました。

<<Index

2016/09 NY 4.ショッピング:デパート・モール

<その3へ 2016/09NY旅行その4 その5へ>

観光よりも主にショッピングをしていました。日本にいるときはそんなに買い物に行かない娘が率先して、現地でしか買えないのを探していました。 

メイシーズ:Macy's

f:id:misasa104:20160922195415j:plain

私たちは、34st Herald Squareのお店に行きました。まずは2階にあるビジターセンターで受付の人にパスポートを提示し、観光客向けの10%オフのクーポンを貰います。30日間有効なので旅行中はずっと使えます。

老舗で庶民的なデパートという感じ。改装してキレイでしたがエスカレータはかなり古く、上の階では木製だったのにはびっくり(有名らしい)。なんだか歴史を感じました。

 

ロード・アンド・テイラーLord & Taylor

f:id:misasa104:20160922171937j:plain

こちらも老舗のデパート。この日は11時オープンだったので、入り口の中に用意されてあるシートに座って少し待ちました。オープン時間は日によって異なるので、自前にチェックしてから行ったほうが良いです。店が開いてから徐々に店員さんが増えていたような気がします。みんなぎりぎりに出勤?

時間のせいなのかロケーションのせいなのか、観光客は少なく、買い物がしやすかったです。靴の品揃えが自分好みで気に入りました。

そしてデパートの中にレストランサラベスが入っていました。オープンしてまもなくだったせいもあり、まだ客はいないようでした。店のスタッフの人たちが私たちを見つけて、手でおいでおいでとしてくれました。残念ながら、前日に別の店で食べたばかりだったので、入りませんでしたが。

 

DSWDSW Designer Shoe Warehouse

f:id:misasa104:20160922201919j:plain

マンハッタンにいくつかありますが、私たちはMacy'sの近くの店に行きました。靴専門のディスカウント・ショップです。3階あり、1・2階がレディースです。写真のようにずらっと靴が並んでいて、その下に各サイズが入った箱が積んであります。

ブランド靴も多く、割引率が高いのでかなりお得感がありました。種類も豊富なので、じっくり見れば必ずお気に入りがありそうです。私たちはここで靴3足とバッグを買いました。 

 

タイム・ワーナー・センターTime Warner Center

セントラルパーク南西にある、とてもきれいなモールです。5番街のハイブランドではない、定番のショップが入っています。

今や日本からなくなってしまったJ.Crewや、マイケル・コース、ウィリアムズ・ソノマ、コール・ハーンやコーチなどが入っていて、落ち着いた雰囲気のモールです。私たちは行きませんでしたが、レストランの評判も良いようです。

 

そのほかにも、ディスカウントのCentury21にも行きました。ワールド・トレードセンターに行ったときに寄りました。ここは服からバッグ、小物までブランド品がかなり安く売られていて、店内は混雑していました。ここでお気に入りのものが見つかればラッキーかも。

また、話題のチェルシー・マーケットでは、お土産用にファットウィッチベーカリーでブラウニーを買おうと思っていたのですが、日持ちがしないので断念しました。マーケットは1階のみなので、想像していたよりはお店が少ないように感じました。

その後もオーガニックの専門店に行ったり、小さなセレクトショップに行ったりと、普段は運動不足な私も頑張って歩きました。

 

移動には地下鉄を使っていました。タイムズ・スクエア-42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナルという複合駅がホテルの近くにあるので便利でした。まずは、駅の自販機で7日間乗り放題のメトロカード(30ドル)を2人分購入しました。NEW YORK NAVIのここに詳しく書いてあるのを参考にしました。

f:id:misasa104:20160924201851j:plain

メトロカードは、改札口でスライドして使います。SUICAに慣れている私たちには面倒そうですが、一回も失敗しませんでした。料金が一律なので、出るときはカード要らずなんですが、そちらのほうが慣れませんでした。いつもの癖でカードを出してしまいそうになります。

 

2016/09 NY 3.ホテル:ニューヨーク・マリオット・マーキス

<その2へ 2016/09NY旅行その3 その4へ>

私たちが宿泊したホテルは、ニューヨーク・マリオット・マーキス(New York Marriott Marquis)です。タイムズ・スクエアのすぐそばというロケーションが素晴らしいホテルです。

f:id:misasa104:20160922124029j:plain

移動は歩きか、地下鉄だったのですが、疲れるとホテルに戻って休んだりしていました。そのついでにTKTS(チケッツ)を確認することもできて申し分ありませんでした。

チェックイン

ロビーは8階にあります。このホテルは、いろいろなところでも書かれていますが、エレベータがちょっと変わっています。エレベータの入り口にキーパッドのついたパネルがあるので、それに行きたい階数を入力します。すると「>>C」というような表示が出るので、指定されたアルファベット(この場合だったらC)のエレベータに乗ればいいのです。エレベータ内部には行き先を指定するボタンはありません。

大きなホテルなので、チェックイン・カウンターには人が並んでいましたが、すぐに順番がきます。"Hello, how are you?"(どの店でも言われます)に"Fine thank you."と答えます(これ、現地にいるときは何も考えず条件反射のように言っていました)。

ここで、HISからもらった紙を見せてチェックインしたいと言うと、パスポートとクレジットカードの提示を求められるので、それらを渡して、チェックインは終了。部屋のカードキーを受け取ります。クレジットカードは、ホテルから電話したり、ルームサービスを頼んだりしたとき、チャージされます。

f:id:misasa104:20160924172921j:plain

客室

私たちは36階の部屋で、残念ながらタイムズ・スクエア側ではなかったので、部屋から広場を見下ろすことはできませんでした。その代り、夜は外の喧騒は聞こえず、非常に静かでした。

f:id:misasa104:20160922115901j:plain

部屋は広くて申し分ありません。これで冷蔵庫があったら満点だと思います。

f:id:misasa104:20160922120300j:plain

その他いろいろ

8階のロビーのフロアにおみやげを売っている店があり、そこに少しだけ日用品やサンドウィッチのような食べ物が売っています。また1階にはスターバックスがあるので、便利ですが、いつも客でいっぱいでした。NYではスタバはいたるところにありました。

客層としては欧米人が多いように思いました。大きな会議室もあるので、ビジネスマンも多く見かけました。アジア人にはほとんど遭遇しませんでした。エレベータの前で、私たちを見ているおじさんがいたので、声をかけると嬉しそうに話してくれました。彼は沖縄米軍で働いたことがあるのだそうです。

NYでは、私たちはすぐに日本人だとわかるようで、他のアジア人と間違えられることはありませんでした。ちょっとでも日本語を知っている人は、嬉しそうに日本語で話してくれました。

ルームサービス

一度だけ、ルームサービスを頼みました。ミュージカルの始まる前、ホテルに戻ってきて、時間があまりないし、どこかに行くのも面倒になってしまい、電話で注文しました。

値段はそんなに高くはありませんが、デリバリー料が別途6ドルかかります。私たちはピザと飲み物を注文しました。「20分かかるよ」という通り、そのくらいしてから、届けてくれました。持ってきてくれた人にチップがいるのか迷いました(その6ドルに含まれているのかしらと思ったり)が、少しだけお渡ししました。

日本のピザーラに比べると負けてしまいますが、安い(確か15ドルくらい)ですし、焼きたてなので、美味しくいただきました。疲れたときはいいかもしれません。

荷物

スタッフは皆、感じが良かったです。チェックアウト後の荷物も快く預かってくれます。チェックイン・カウンターの横のほうに、荷物専用のスタッフがいるので、彼に引き取り時間を伝え、荷物を渡します。その荷物はロビーではなくて1階で引き取ります。「イッカイ、イッカイ」と親切に教えてもらいまいた。

 

<<Index